SEO対策
mickipedia

オススメ記事

スポンサーリンク

全記事一覧はこちらから

【クライミング】
■リザルト分析系
世界最強ボルダラーは誰か~過去のボルダリングWC分析~
ボルダリングが強い国はどこか~過去のボルダリングWC分析 その2~
国内最強ボルダラーは誰か~過去のボルダリングジャパンカップ男子分析~
国内最強"女子"ボルダラーは誰か~過去のBJC女子分析~
クライマーの低年齢化は進んでいるのか~BJCトップ選手の年齢推移~

■ルール考察系
クライミングのルールの考察1~ボルダーのスタートで静止する必要はあるか~
クライミングのルールの考察4~掲示物・ボルト穴の使用に関して再整理~
クライミングのルールの考察5~ボーナスを保持するとは何なのか~
クライミングのルールの考察6~アテンプトが加算される時・されない時~
加須WCの所感と、クライミングのルールの考察7~デマケーションを考える~


■科学するクライミング
科学するクライミング1~サイファーの方が遠くへ飛べる理由~
科学するクライミング2~前腕が太いと保持力は強いのか~
科学するクライミング3~続・前腕が太いと保持力は強いのか~
科学するクライミング5~前腕の太さの成長は保持力アップに繋がるか

■クライミング市場動向
クライミング市場動向1〜ジム店舗数〜
クライミング市場動向2~競技人口の推定~
クライミング市場動向3~競技人口の他スポーツとの比較~

■インタビュー
推しクライマーインタビュー 1~スラビスタと呼ばれる男~
推しクライマーインタビュー 2~クライミングの狂気に飲まれた男~
推しクライマーインタビュー 3~ノーマットスタイルの隠れた継承者~

■その他
僕のクライミング自己規範
クライミングはなぜ面白いか
僕がクライミングで言わないように・やらないようにしたいこと
セルフ・ハンディキャッピングに陥らないためには
「強くなってから挑戦します」という敗者のメンタリティ
僕らは下手くそなフォームの名人になってはいないか
登ることから逃げない

【漫画感想】
にんげんっていいな~岩明均『寄生獣』の解釈・感想~
ヒーローになるには~松本大洋『ピンポン』感想、転じてただの意気込み~


【小説感想】
我思う、つまりただそれ~『わたくし率 イン 歯ー、または世界』の解釈・感想~
『1Q84』の解釈・感想


【三点倒立】
世界各地で三点倒立 Where the Hell is mic?
日本各地で三点倒立 Where the Hell is mic? 2
日本各地で三点倒立 Where the Hell is mic? 3
きみはエベレストを見たことがあるか(三点倒立で)
そうだ、百名山で三点倒立しよう


【その他】
「本当に」中学生にもわかるライブドア事件
中学生にもわかるライブドア事件
創業者は何歳?-主要IT企業創業者の創業時年齢-
創業者は何歳?2-創業者の創業時年齢~IT企業以外ver.~-
科学者は何歳?-科学者の偉業達成時の年齢-
漫画家は何歳?-漫画家の作品発表時の年齢-
スポンサーリンク


眠れぬ夜に吉田和正さんの過去記事を読み返す

スポンサーリンク

昨日、2016年9月26日、稀代のクライマーである吉田和正さんが肺がんで亡くなった。53歳であった。
吉田氏は
1989年の城ヶ崎の「Mars」の初登(発表当時5.13d、現在5.14a。当時5.14aなら世界最難トラッドルート)
1990年の小川山の「NINJA」の第2登(87年にグロバッツによって登られた発表当時5.14a/bの国内最難ルート)
1992年の神居岩の「シュピネーター」(5.14a)の初登
1993年の見晴岩の「ハードラック・トゥ・ミー」(5.14a/b)の初登
などなど、今更僕が語る必要が無いくらいの、常にクライミングシーンの最先端を切り開いてきた文句なしの偉人である。

僕が吉田氏を初めて認識したのはおそらく『Rock&Snow 037』。(発売当時はまだクライミングを始めていないので後からバックナンバーをAmazonで購入)
そこで僕の最も敬愛するクライマーである新井裕己さんが「ハードコア人体実験室」にて、吉田氏についてこう言及していた。

"お気づきの方もいるでしょうが、ワタクシメ、吉田和正さんの信奉者といおうか、師のスタイルには多大な影響を受けております。
(中略)
知に基づいた努力と継続と執念、戦略的能力獲得について、吉田和正以上の人を知りません。
すべてはモチベーション。それだけあれば何もいらないのです。
(中略)
さてと、吉田さんが何年も前に通過したであろう道を、あらためて追求しつつ、オープンに開示していくのがワタクシメの役目。
クライミング能力を高めるためには、悪魔に魂を売り渡し、一般社会からの遊離もやむなし。"



そこから、吉田氏に興味を持ち、過去のインタビュー記事を集めたり吉田氏のブログの過去記事を追うなどして、関連記事を読み漁るようになった。
今年の頭に城ヶ崎に行った際は、どうしても吉田氏初登の悟空ハング直上が登りたく通い詰めた


そして今朝なぜか午前4時に目が覚めてしまったので、ふと思い立ち、家にある『岩と雪』、『Rock&Snow』、『freefan』などの吉田氏関連の過去記事を読み返してしまった。
せっかくなので、哀悼の意も込めて、ここに印象的な記事やセリフを紹介させていただくことにする。
(ちなみに、紹介した本で『岩と雪』などは入手困難ですが、お貸ししますので興味があれば言ってください)


・『岩と雪 134』 MARS 5.13d
吉田氏が「Mars」を初登した際の記事。
吉田氏は年を追うに連れインタビューでのコメントがシニカルでどこかひねくれている感じになっていくが、この頃の吉田氏はクライミングの情熱の塊。
時代はフェイス全盛期に入っていたが、吉田氏はクラックルートである「Mars」にこだわりひたすらに挑戦をし続けた。

"これだけやっているんだから、最後は何かが助けてくれるんじゃないか、という甘い期待はみごとに裏切られ、僕は茫然として、血の噴き出した指でムーヴをさぐるふりをしていた"


"たのむ、登らせてくれ・・・"



そして、悲壮感すら漂う波状攻撃の末、ついに「Mars」を登るのである。

"どういう意味があったのかわからない。
とても意義のあることだったような気もするし、何か大事なものを犠牲にしてしまったような気もする。
青い鳥を追いかけて、ぼくはどこまで行くのだろう。"




・『岩と雪 164』 インタビュー吉田和正
1994年の30歳でのインタビュー記事。
必読。
前年に彼の集大成とも言える「ハードラック・トゥ・ミー」を完成させ、この頃から孤高の人の色合いを強めていくように思える。

"(高難度ルートを登るのに必要なものは?という質問に)
あきらめないってことだよ。しつこい性格だよ。おれはしつこいさ。
くよくよしてしつこくて、かなり嫌なやつだから。
そういうんじゃ、今のところ登れないから、登れるような性格に変えたいとは思うが。
魂を売るってわけじゃないけどさ、なるべくすべてのものをクライミングがうまくいくっていう方向に向けたいなっていう気持ちはありますね。"



"ただやるかどうか、いや、そういうのに価値を感じるかどうかだよな。
何回も、そして100回も200回も、300回もやって、登れてうれしいと思うかどうかだよな。
おれはそういうのをうれしいと思ってるから。
3回ぐらいやって、それが登れないって思うやつにはできないだろうしさ。"



"ハードル―トを登るのに、別にだれのためというわけではないんだけれど、義務感のようなものを感じている。"




・『Rock&Snow 012』、『Rock&Snow 013』 A DAY IN THE LIFE 吉田和正インタビュー
前回のインタビューから7年経ち、より一層自虐的になっていく吉田氏。
ロクスノ批判、チッピングの話なども飛び出した問題作ともいえる記事。
ちょっとここに載せづらいものもあるレベル。

"俺の考えだと、自分がトライを始めてから登れないから削るというのは、クライミングが自分に対する挑戦だとすれば完全に敗北だよね。
(中略)
俺はチッピングというのを2回しかやったことがない
(中略)
まあ、苦いものは残るよね。でも、そういう経験というのも重要だよね。重要だと思うよ。
いたずらに反対々々というのは簡単だけどさ。"




・『Rock&Snow 017』100tips
平山ユージさん、小山田大さん、室井登喜男さん、等々のそうそうたるメンツが読者の質問に答えるコーナー。
吉田氏は真面目な回答とおふざけの回答のバランスが取れていてかなり良い。

"(トレーニングで大事なことは何ですか。という質問に)
自分で考え、自分の体の反応を観察しようとする姿勢かと思います。
それは生き方も一緒かと、このごろつくづく感じます。"




・『Rock&Snow 024』 OLD BUT GOLD マーズ5.13d
杉野保さんが、再登者がほとんど出ていない過去の名ルートに挑むというシリーズ「OLD BUT GOLD」。
杉野氏の情熱と類稀なる文才によって毎回素晴らしい読み応えであった。
そしてこの回は吉田氏初登の「Mars」。
間違いなく、本シリーズ最高傑作。

この2004年の時点でMarsの初登から15年経っていたが、未だに再登者はいないという状況。
杉野氏は3度Marsに挑み完登はしていないものの、ルートの全貌を把握。
核心の5手のムーブだけで三段以上あり、どんなに低く見積もっても5.14aはあるとコメント。
1年以上にもわたるトライが吉田氏の体をマーズ仕様に変えたのではないかと結論付けた。

ちなみにMarsは2010年になり21年の時を経て佐藤祐介さんと平山ユージさんにより第2登、第3登が成された。
(その様子は『Rock&Snow 047』に掲載)



以上です。

それにしても、吉田氏といい、新井氏といい、偉大なクライマーはなんでこうもハードラックに見舞われてしまうのだろうか。

ご冥福をお祈りします。



Rock&Snow 037


Rock&Snow 012


Rock&Snow 013


Rock&Snow 017


Rock&Snow 024


Rock&Snow 047



スポンサーリンク


クライミングの言葉の定義2~カウンターバランスって何だ~

スポンサーリンク

前回の記事に引き続き、クライミングの言葉の定義。
今回は「カウンターバランス」。
こちらも、様々な本で定義が違っている言葉なので共通の定義はないのかもしれませんが、自分なりに整理してみました。
ご意見、コメント等あれば欲しいですね。



目次
■カウンターバランスの狭義から広義までの様々な定義
■カウンターバランスの僕なりの定義
■カウンターバランス内での整理
■終わりに
■その他参考図書



■カウンターバランスの狭義から広義までの様々な定義
とりあえず、家にある本で「カウンターバランス」という言葉がどのように説明されているかを調べてみると、
最も狭義に定義しているのが、単に
「カウンターバランス=(側対の)ダイアゴナル、ねじり、ふり」
である、というものですね。

(※少し話が逸れますが、ダイアゴナル(diagonal)は「対角線」という意味なので、所謂ねじりやふりといった側対のムーブだけでなく正対の片足乗り込みであっても、対角線の手足を使っていれば本質的にはダイアゴナルなはずです。
しかし、正対片足乗り込みをダイアゴナルと呼ぶことは一般的にはほとんどない気がします。
ですので、この記事では「ダイアゴナル」と書いたら側対のダイアゴナルを指し、正対の対角線乗り込みは「正対(片足)乗り込み」と表記することとします。
もちろん本によっては、正対もダイアゴナルであるときちんと書かれていますが。)

久々に植田画伯の力を発揮するとこんな感じ。
ダイアゴナル
dia.jpg

ホールドから離れている足が「カウンターウェイト」となり、身体のバランスを保っているなどと説明されています。

次に、少し広げて定義されているケースは
「カウンターバランス=ダイアゴナル+フラッギング」である
というものですね。

フラッギング
out.jpg

in.jpg

(珍しいですが、フラッギングだけを指してカウンターバランスであるとしている本もありました)

この定義が一般的にジム等で使われている「カウンターバランス」のニュアンスに近いかもしれませんね。
"そこカウンターでいった方が良いですよ"
みたいな会話はダイアゴナルかフラッギングを指していることが多い気がします。

そして最も広義に定義しているのが
「カウンターバランス=ダイアゴナル+フラッギング+正対片足乗り込み」
とするものです。
(正対片足乗り込みは「ワンフットレスト」とか「ハイステップ」とか「インサイドで乗せるダイアゴナル」とか言葉は色々で表されますが)

正対片足乗り込み
seitai.jpg

この正対片足乗り込みは、腕を引き付けることが多いです。
ですので、ダイアゴナルやフラッギングなどの比較的腕を伸ばし気味のムーブとは少し違った分類にしている本も多いですし、直感的にバランスの取り方も違うような気もします。
なので、一般的には正対片足乗り込みのことをカウンターバランスと呼ぶ人は少ないのではないでしょうか。



■カウンターバランスの僕なりの定義
さて、一体カウンターバランスとはどこまで指していると考えれば良いのでしょうか。

まずカウンターバランス(counterbalance)とはどういう意味なのか辞書を引いてみると、動詞では「~と釣り合わせる」、名詞では「平衡力」とかそういう意味なのですね。
つまり何かと何かが釣り合っている状態を指すムーブなはずなのです。
で僕としては、その何かの1つが「カウンターウェイトとなっているホールドに置かれていない側の足」であり、
もう1つの何かが「ホールドを取りに行く手側の上半身」と考えるのが自然ではないかと思えるのですよね。

つまり、上に出した最も広義の定義での「ダイアゴナル+フラッギング+正対片足乗り込み」をカウンターバランスと呼ぶことが語源的には非常に自然な気がします。
言葉にするなら
カウンターバランスとは「片足のみホールドに置き、もう片方の足で上半身とバランスを保っている状態」
とでも書けるでしょうか。
(ただ難しいのは、ホールドに置いていない足の方でも壁にスメアリングしたり、補助的にホールドに当てたりすることはよくあり、その場合でも身体の動かし方としてはカウンターバランスと呼んだ方が自然な場合があるということですが)

ですので両足を顕著にホールドに置いているムーブ、例えばバックステップやキョンなど、はもちろんバランスを保ってはいますがカウンターバランスとは言わない方が良さそうですね。

バックステップ
back.jpg

それと、片足しか置いていなくてももう片方の足が上半身とのバランスを特に取っていない場合はカウンターバランスとは呼ばない方が自然な気がします。
例えば以下の様な手と足で突っ張ってバランスを取るムーブ。下に垂れ下がった足が無くても左右への突っ張りでバランスが取れるばす。

op.jpg


このようなムーブは『インドア・クライミング』(東秀磯 著)などでは、「オポジション系」などと分類されていますね。
ちなみにこの本は僕が知る限り最も詳しくムーブの原理が書かれていて今読んでも勉強になります。

読んだ本の中で一番定義がしっかりしていたのはやはり『フリークライミング』(北山真、杉野保、新井裕己 著)でした。
用語集できちんと簡潔に定義をしています。
原文ママ(なぜかvalance、誤植?)

「カウンターバランス counter valance
カウンターとは、"逆"のこと。
おもに一方の足をホールドにのせずにバランスをとることをいう。」


『インドア・クライミング」(東秀磯 著)


『フリークライミング』(北山真、杉野保、新井裕己 著)




■カウンターバランス内での整理
このように定義した場合、ひとまとめにカウンターバランスと言っても色々なムーブを指すわけです。
で、これらをうまく整理するには「正対×側対」という軸と、「ホールドに置いている手足」という軸を入れると良いのかなと思っております。

カウンター分類

少し説明すると、
・正対で(軸足をインサイドでホールドを踏んで)、対角側の手足をホールドに置いている(例えば右手と左足)ようなカウンターバランスを「正対片足乗り込み」と呼ぶ
・正対で(軸足をインサイドでホールドを踏んで)、同じ側の手足をホールドに置いている(例えば右手と右足)ようなカウンターバランスを「フラッギング」と呼ぶ
・側対で(軸足をアウトサイドでホールドを踏んで)、対角側の手足をホールドに置いている(例えば右手と左足)ようなカウンターバランスを「ダイアゴナル」と呼ぶ

側対で同じ側の手足をホールドに置くムーブは僕はみたことがないですが、超無理矢理ならバランスとれるかもしれないですね。



■終わりに
なんだが皆が感覚的にやっていることを無理矢理言葉にしてややこしくなってしまったかもしれません。
でもきっとこの辺のムーブを体系的に整理したいと思っている人もいるかもしれないので。
それと海外の本とか全然カバーできていないので、そういった中に明確なカウンターバランスの定義とか面白い分類の枠があれば紹介してほしいですね!

一旦言葉の定義シリーズは終わりますが、また疑問の残る言葉があれば整理したいとおもいます。
ではでは!



■その他参考図書
『インドアボルダリングBOOK』(PEAKS特別編集)


『インドアボルダリング練習帖』(山と渓谷社)


『ベーシックフリークライミング』(菊地敏之 著)


『フリークライミング』(木村伸介・理恵 編)


『かんたん!フリークライミング』(中根穂高 著)


スポンサーリンク


クライミングの言葉の定義1~ロッククライミングのジャンル分け~

スポンサーリンク

東京オリンピックに「スポーツクライミング」の採用が決定し、世界選手権では日本人が大活躍し、現在盛り上がりまくっているクライミング業界。
さてこれらにも関係することなのですが、先日仕事でクライミングに関する言葉を正しく定義しなければならない機会がありました。
そこで悩ましかったのがこの「スポーツクライミング」という言葉の指す範囲や意味。
これまでも再三に渡ってFaceBook、TwitterなどのSNSやブログ上で議論がされていると思いますが、この言葉結構紛らわしいのです。
なので、これを機会に「スポーツクライミング」のみならず、ロッククライミングのジャンルを表す言葉全般に関してとりあえず一般的かなと思うジャンル分けを図示してみたいと思います。
これが決定版というよりは、むしろ皆さんの意見を聞いてみたいので、何かあればコメント欲しいです!



■参考にしたもの
ジャンルを分けるにあたって、参考になったのはヒローズアップ太田さんのブログの「言葉の意味(クライミング?スポート?フリー?)」という記事と、未だクライミングの教科書として右に出るものがない『フリークライミング』(山と渓谷社)ですかね。
というかほぼこの2つを図示しなおしただけかもしれないです。笑





■ロッククライミングのジャンル分け
というわけでとりあえずいきなり図示してみます!

160328_ロッククライミングの分類

分岐が同じようにわかれているところは言葉を割愛しました。

微妙な点としては、以下でしょうか
・フリーソロの位置付け、区分
 -ルートクライミングの下でも良いかもしれない
 -ボルダリングのハイボールとの区分が難しい
・インドアでも「フリーソロ」「トラッド」「マルチ」は出来るが現在のところジャンルとしては確立されていない
・そもそも「インドア」「アウトドア」ってはっきり分けられるのか
・細かいジャンルはたくさんある。
 -ボルダリングにもノーマットスタイルやグラウンドアップスタイルなど
 -落ちられるフリーソロとしてディープウォーターソロもある
 -でもまぁあくまでメインどころということで



■結局スポーツクライミングって何だ
つまりスポーツクライミングは
インドアの
 -ボルダリング
 -リードクライミング(現在のところ=スポートクライミング)
 -(トップロープによる)スピードクライミング
ということですね。
認識として正しいのかな。

一番紛らわしい原因は、既に「スポートクライミング」(プロテクションが予めボルト等で設置されたルートを登るリードクライミング)というジャンルがあるにも関わらず、「スポーツクライミング」という言葉を作ってしまった点でしょうか。
更に英語表記だとどちらも「sport climbing」になっているので余計混乱が生じます。



■終わりに
次回は「"カウンターバランス"という言葉の定義」の予定!
お楽しみに。

スポンサーリンク


ロクスノ73号の宣伝&補足~自分の現状を把握するということ~

スポンサーリンク

2016年9月6日発売の『ROCK & SNOW 073』に「僕らは考える石ころである」の第二回を書かせていただきました。
その宣伝&補足をします。

IMG_3794_20160907161214640.jpg

書いている内容をすごく要約すると
・自分が登れる課題のグレードや平均アテンプトをきちんと把握しましょう
・その上で自分に足りない部分を埋めるトレーニングをしましょう

みたいなことです。

例えば自分のホームジムのテープ課題で、3級ならホールド替えをしたその日に全課題登り切ることができて、何日か撃ち込めば1級の課題が8割方登れる人がいるとしましょう。
するとその人の性格にも依るのですが、漠然と
"自分は3級なら絶対に登れる"
"1級もほぼ登る実力がある"

のように思ってしまうかもしれません。

しかしここで見落としがちなのが、
・3級はほぼ全てオンサイトできているのか。できていないなら平均でどれくらいアテンプトをかけているのか
・1級は3アテンプト以内(もしくは4~5分くらい)で登れることはあるのか。平均でどのくらいのアテンプトをかけているのか
などを把握しているのかということです。

きちんと記録を取ってみると意外と3級でも「スリップ」や「ムーブ間違い」で何回も落ちていたり、1級になるとバラして各ムーブを練習しないと登れていなかったりすることもあるのではないでしょうか。
もしそのようなトライが多いようであれば、コンペでは3級課題でもポロポロ落ちてしまうでしょうし、1級課題をコンペ中に落とすことは不可能でしょう。
そして後からコンペ課題の復習に行って3級課題や1級課題を触って
"なんでこんな課題がコンペ中にオンサイトできなかったんだ。ムーブがわかればめっちゃ簡単じゃん"
"この1級も登れる実力は持ってるのになぁ"

などと感じるのです。
コンペ中に登れることと後から登れることの間には絶望的な違いがあるのにも関わらず。

このように感じる人がいるとすればおそらく原因は正しく自分の現状を把握できていないことにあるのです。
3級課題でも実は普段から全然オンサイトなんかできていないのに、その気になればオンサイトできると思い込んでしまっているのです。
バラして何日かかけて登れる課題なんてコンペでは絶対に登れないのに、1級を数便で登れる実力があると思い込んでしまっているのです。


僕は先日の「Summer Smash」という「つくばRocky」のコンペに参加してきました。
このコンペは少し変わっていて、課題にグレードの色テープが貼られていて課題のグレードを選手が知ることができます。また、10課題集め切らないと大幅に得点が下がるので、とにかく10課題登ることが大事です。
ですので僕は自分がRockyのどのグレードまでどれくらいのアテンプトで登ることができるのかを予め知っておこうと思い、コンペ前に3店舗ほどRocky系列店を回り自分の完登率と平均アテンプトを記録して調べておきました。

そして以下のようなことがわかったのです
・強傾斜の若草色(1級)なら、苦手系で無い限り1撃できる
・緩傾斜では若草色は1撃できないどころか、4~5分以内では登れない課題もある
・紺色(初段)は、4~5分以内で登れる課題は全体の2割程度なので得意系でないと登ることは難しい。登れた場合でも2~3アテンプトは平均で要する
・水色(二段)は4~5分以内で登れたことは1度もない

このデータを知っていたので「Summer Smash」本番では緩傾斜の若草色は触らずに、できるだけ強傾斜の若草色から選ぶようにしました。
また紺色はどんなに得意系だと思っても3アテンプトはかかるものと考えて時間を使うようにしました。
結果、本番では登れた若草色7本は全て1撃。(1つだけ登れなかった、、、笑)
紺色は4本登れましたが得意系を選んだにも関わらず、2撃、1撃、4撃、3撃と平均で3アテンプト近くかかってしまいました。
ただやはり、ほぼ事前のデータ通りの結果だったのです。

もちろん詳細に自分の実力をデータで把握してしまうあまり、無難に攻めすぎてしまうという弊害はあるかもしれないです。
コンペパワーで難しい課題が登れたり、自分に超合っている高グレード課題がコンペ中に登れる可能性ももちろんあるので。
ただコンペティターならある程度は正確に数値で自分の現状を把握しておいても良いのではないでしょうか。


てな感じのことを書いていますので、ロクスノ読んでみてください!



こんな感じの宣伝&補足で終わります!
ではでは。

スポンサーリンク


PageTopNext>>

スポンサーリンク
全ての記事一覧

全ての記事が一覧で見やすく見ることが出来ます!

全ての記事を表示する

プロフィール

Author:mic
植田幹也
はい、ミキペディアです
ボルダリング中心ですが、クライミング全般の記事が多いです
mikipediaではないです

メールアドレス
pinedooruedaあっとyahoo.co.jp

リンクフリーです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

検索フォーム

FC2カウンター

現在の閲覧者数: