SEO対策
mickipedia

スポンサーサイト

スポンサーリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


ブログをリニューアルしました!

スポンサーリンク

いつもMickipediaをご覧いただきありがとうございます。

このたびMickipediaのブログは新サイトへ移転しました。

新URL: http://micki-pedia.com/

過去記事をクリックすると、自動的に新サイトへ移動します。
今後は新サイトをご覧ください。

引き続きミキペディアをよろしくお願いいたします。




スポンサーリンク


スポンサーサイト

オススメ記事

スポンサーリンク

【クライミング】
■リザルト分析系
世界最強ボルダラーは誰か~過去のボルダリングWC分析~
ボルダリングが強い国はどこか~過去のボルダリングWC分析 その2~
国内最強ボルダラーは誰か~過去のボルダリングジャパンカップ男子分析~
国内最強"女子"ボルダラーは誰か~過去のBJC女子分析~
クライマーの低年齢化は進んでいるのか~BJCトップ選手の年齢推移~

■ルール考察系
クライミングのルールの考察1~ボルダーのスタートで静止する必要はあるか~
クライミングのルールの考察4~掲示物・ボルト穴の使用に関して再整理~
クライミングのルールの考察5~ボーナスを保持するとは何なのか~
クライミングのルールの考察6~アテンプトが加算される時・されない時~
加須WCの所感と、クライミングのルールの考察7~デマケーションを考える~
ボルダリングコンペのカテゴリー問題を考える

■科学するクライミング
科学するクライミング1~サイファーの方が遠くへ飛べる理由~
科学するクライミング2~前腕が太いと保持力は強いのか~
科学するクライミング3~続・前腕が太いと保持力は強いのか~
科学するクライミング5~前腕の太さの成長は保持力アップに繋がるか

■クライミング市場動向
クライミング市場動向1〜ジム店舗数〜
クライミング市場動向2~競技人口の推定~
クライミング市場動向3~競技人口の他スポーツとの比較~

■インタビュー
推しクライマーインタビュー 1~スラビスタと呼ばれる男~
推しクライマーインタビュー 2~クライミングの狂気に飲まれた男~
推しクライマーインタビュー 3~ノーマットスタイルの隠れた継承者~
推しクライマーインタビュー 4~Theハレ男~

■その他
僕のクライミング自己規範
クライミングはなぜ面白いか
僕がクライミングで言わないように・やらないようにしたいこと
セルフ・ハンディキャッピングに陥らないためには
「強くなってから挑戦します」という敗者のメンタリティ
僕らは下手くそなフォームの名人になってはいないか
登ることから逃げない

【漫画感想】
にんげんっていいな~岩明均『寄生獣』の解釈・感想~
ヒーローになるには~松本大洋『ピンポン』感想、転じてただの意気込み~


【小説感想】
我思う、つまりただそれ~『わたくし率 イン 歯ー、または世界』の解釈・感想~
『1Q84』の解釈・感想


【三点倒立】
世界各地で三点倒立 Where the Hell is mic?
日本各地で三点倒立 Where the Hell is mic? 2
日本各地で三点倒立 Where the Hell is mic? 3
きみはエベレストを見たことがあるか(三点倒立で)
そうだ、百名山で三点倒立しよう


【その他】
「本当に」中学生にもわかるライブドア事件
中学生にもわかるライブドア事件
創業者は何歳?-主要IT企業創業者の創業時年齢-
創業者は何歳?2-創業者の創業時年齢~IT企業以外ver.~-
科学者は何歳?-科学者の偉業達成時の年齢-
漫画家は何歳?-漫画家の作品発表時の年齢-
スポンサーリンク


須玉-長坂 論争~小川山へのアクセス問題を考える~

スポンサーリンク

昨今岩場に行くクライマー数が急増したという背景もあり、クライミングエリアへのアクセス問題が見過ごせないものになっている。
駐車禁止区域への駐車、私有地への許可なき侵入、登攀禁止エリアでのクライミング、etc。

そんな中、我々クライマーにとって最大のアクセス問題である「須玉-長坂 論争」は未だ誰にも答えは出せないままである。
この永遠の未解決問題に今私が決着をつけようと思う!


※あ、なんもアクセス問題とか関係ない気楽な記事です。すんません

目次
■「須玉-長坂 論争」とは
■距離と時間の比較
■コストパフォーマンス
■結論



■「須玉-長坂 論争」とは
東京方面から中央道を使い小川山へ行く場合、ほとんどのクライマーが須玉ICで降りて、国道141号線を北上する。
(高速代を抑える場合は、韮崎ICで降りたり、最初っから下道で行く場合もある)
しかし実はカーナビによっては須玉ICを通り過ぎて長坂ICで降りるように指示してくる場合もあるし、僕の周りには"長坂ICを使った方が圧倒的に早い"と言い張る友人もいる。
この

「東京方面から中央道で小川山へ行く場合、須玉ICと長坂ICのどちらで降りるのが早いのか。
また長坂ICで降りた方が早い場合、それは追加の高速代に見合うほどなのか」

というのが「須玉-長坂 論争」であり、このブログで結論を出したいテーマである。

余談だが須玉は「すたま」と読むのが正式であり、「すだま」と読むとクライミング用語パトロールから指摘が入ることがあるが、wikipediaによると元々は「すだま」であり1990年から「すたま」となったらしい。
つまり「すだま」と読むことも間違いではないのである。



■距離と時間の比較
まず比較する道のりを定義する。
須玉-長坂論争 地図

須玉ICから国道141号線を北上したときと、長坂ICから小川山へ行こうとしたときでは、「清里トンネル東」という交差点(マップの黒い星)で合流する。
よって今回比較するのは

・須玉IC-清里トンネル東(マップの青いルート)

・須玉IC-長坂IC(オレンジのルート)+長坂IC-清里トンネル東(赤いルート)

とする。

そしてgoogle map先生によるとそれぞれの区間の道のりは以下の通りである。

須玉IC-清里トンネル東は20.5km
須玉IC-長坂ICは9.3km
長坂IC-清里トンネル東は12.3km

単純に道のりを足し算してしまうと、須玉IC-清里トンネル東の方が短いのだが、須玉IC-長坂ICは高速道路であるので、下道よりも速度を出すことが可能である。

この下道と高速での時速の置き方が悩ましいのだが、以下の2パターンに分けて計算することとする。

①高速で飛ばした場合
高速道路では時速100km、下道では時速40km

②下道で飛ばした場合
高速道路では時速80km、下道では時速60km

これで全ての準備が揃った。
非常に難解な数式であったが、全ての叡智を終結して計算した結果が以下である。

須玉-長坂論争 表

つまりこの表から言えることは、

須玉ICを利用した場合の清里トンネル東までの所要時間は20.5分~30.8分
長坂ICを利用した場合の清里トンネル東までの所要時間は19.3分~24.1分
いずれの場合も長坂ICを利用した方が所要時間は短く、その差分は1.2分~6.7分


ということである。



■コストパフォーマンス
これで「須玉-長坂 論争」に決着がついたと思ったらまだ早急な判断だ。
なぜなら長坂ICを利用した場合は高速代がその分高くつくからである。
1.2分~6.7分というショートカットできた時間が本当に、掛った高速代の分の価値があるのかを検証しなくてはならない。

簡単に考えるために「高井戸IC」からのETC料金で比較すると

・高井戸IC-須玉IC
 -平日:3,550円
 -休日:2,480円
 -深夜:2,670円
・高井戸IC-長坂IC
 -平日:3,720円
 -休日:2,600円
 -深夜:2,790円

となり、その差額は120円~170円である。

さて、つまりはこの論争は最大で7分弱という時間を120円~170円で買うかどうかという問題に言い換えられた。

時給に換算すればおよそ1,000円~1,500円。
(下道で飛ばせた場合は1.2分しか得しないので、時給換算で6,000円~8,500円程度の価値があるかどうかということになる!)

最大で7分弱の得ならばボルダーなら3,4トライはできるかもしれないが、リードなら1便出すのも難しい時間。

ここはみなさんの時間価値と、どれだけ少しでも長く小川山でクライミングがしたいかという気持ち次第ということになるであろうか。



■結論
「長坂ICを利用した方が1分~7分程度所要時間は短い。
しかし120円~170円の高速代が上乗せされる。

ところが、カントリーキッチンロビンに寄るには須玉ICを利用することになり、ロビンのコストパフォーマンスが無限大であることを考慮すると、我々は須玉ICを我々は選ばざるを得ない。(ロビンは水曜定休なので注意)」




、、、おつかれさまでした!!

スポンサーリンク


まずは王道課題を触りたい

スポンサーリンク

完全に僕の主観といういか、スタイルとも言えないくらいのたわいもない話。


新しい岩場に行ったとき、もしくは長いスパンをかけて取り組む課題を決めるときなどに、"さてどの課題にしようか"と迷うことがある。
そういう時に僕はまずはいわゆる「王道の課題」から触りたい。
もちろん知る人ぞ知る隠れた名作課題を登ったり、地味だけどムーブが面白いような課題を登ることも楽しい。
でも王道をまず触ってみたり真剣に撃ち込む対象にすることが前提であり、そういった隠れ課題や地味課題はアップや息抜きで触りたい。
ざっくり王道8割、地味課題2割くらいのイメージだ。
この比率を間違えちゃいけない。

ボルダリングの課題で考えてみる。

3級前後のクライマーが小川山に行って「コンケーブ」や「穴社員」を触らないわけにはいかないだろう。
1級前後のクライマーならば「エイハブ船長」のラインは見た瞬間に登りたいという気持ちが沸くだろう。
だから未だに「穴社長」を登れていない自分に嫌気がさしている。

同様に、瑞牆のオススメ課題を聞かれたら絶対に「瑞牆レイバック」と答える。
もうちょっと登れる人には「阿修羅」を必ず推す。
だから「インドラ」みたいな世界のどこの岩場に出してもきっと引けを取らない課題に対して、いつまでも腰を据えて取り組まない自分自身をクライマーじゃないのではと疑いたくなることもある。

御岳の「忍者返し」なんて最近は人でごった返しているから近寄らない人も多いけれど、The王道だろう。
冷静に見てめちゃくちゃカッコ良い岩だし、歴史から考えても避けては通れない課題だ。

もちろん人によって「王道」の意味合いは違ってくるだろう。
ある人にとっての王道を僕が地味課題や傍流課題と認定してしまったら申し訳ない。
だからここでは地味課題や傍流課題が何かは議論しない。

僕にとって、王道ってなんだろうかと考えると。

・歴史がある。もしくは登られたストーリーに惹かれる
・風格がある
・ムーブがカッコ良い
・グレードに対して極端に易しすぎない
・高さがある
・課題名がカッコ良い


ざっとあげるとこんな基準をいくつか満たす課題だろうか。

でも本当は誰かが切り開いた王道をたどるのではなくて、自ら開拓・初登をして王道を切り開くのが一番カッコ良いに決まっている。
まだそんな余裕は無いくらいの半人前のクライマーの独り言。

スポンサーリンク


小川山クライミングを全力で楽しむ2017秋

スポンサーリンク

ちょっと忙しくて更新が滞っていますが、とりあえず岩日記を書いときます!

一昨日から、2泊3日で小川山に行ってきました。
今回は雨に降られることもありましたが、ボルダー、スポート、トラッド、マルチピッチと3日間で色々楽しみました。
クライミングを始めて8年間くらいほとんどボルダリング中心でしたが、ここにきてようやく色々なクライミングができるようになり、クライミングそれ自体の見え方もガラリと変わりました。
引き続き色々と手を出してクライミングの幅を広げたいです。

ちなみに3日間はこんな感じ。

1日目
・ボルダー:親指岩下ボルダーで遊ぶ
・スポート:五月の雪 5.10c
・トラッド:イムジン河 5.11c/dに敗退

2日目
・スポート:小川山物語 5.9
・マルチ:レモンルート(5P) 5.9

3日目
・トラッド:イムジン河を再び!
・ボルダー:ヴィクターで遊ぶ

親指岩下の露岩チムニークラックの6級。見た目よりツラい
変換 ~ 露岩クラック

小川山物語(ストーリー、と読む)。文句なしの三ッ星ルート
ランナウトしているところもあり5.9にしてはスリリングだが、小川山でルートをするなら絶対に登りたい一本
変換 ~ 小川山物語

レモンルートの頂上部から。2人だけで初めてのマルチだったが無事に全ピッチOS!
慣れていない懸垂下降は70m1本で5回もやった。笑
変換 ~ レモンルート

イムジン河。忍者返しの初登でも有名な池田功さんが1982年に初登したスーパークラシックルート
あまりにも消耗していてマントルを返すのにレストが3分くらい必要だった。
変換 ~ イムジン河

イムジン河の動画



あと、だんだんと小川山の全貌が把握できて最近楽しいです。
1日目一緒に登ったしょうじさんに薦められた「Field Access 2」というアプリが840円するのですが、GPSなどを記録するのにオススメ。
行った岩の情報が細かく記録できるので面白い&迷わない&ショートカットとか思いつき易い。
変換 ~ Field Access2


さて、次は何を登ろうか。
この流れでスーパーイムジンをやりたいけど、その前にハンドジャムからもう少し基礎を固めないと。
というかそろそろインドアボルダーの力も戻さないとな。
やることが多すぎる。

スポンサーリンク


PageTopNext>>

スポンサーリンク
全ての記事一覧

全ての記事が一覧で見やすく見ることが出来ます!

全ての記事を表示する

プロフィール

mic

Author:mic
植田幹也
はい、ミキペディアです
ボルダリング中心ですが、クライミング全般の記事が多いです
mikipediaではないです

メールアドレス
pinedooruedaあっとyahoo.co.jp

リンクフリーです

最新記事
フリーエリア
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

検索フォーム

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。