SEO対策
村上春樹|mickipedia

『1Q84』の解釈・感想

スポンサーリンク

*この記事は村上春樹氏の小説『1Q84』に関する物語のあらすじ・核心に触れますので、知りたくない方は御注意ください。


『1Q84』を一応2度程読んだ。(「一応」と書いたのは2度目は多少細部を飛ばしたからだ。)
まず感想を素直に言えば「非常に面白かった」。
ここまで読み手を飽きさせることなくグイグイと引きつける小説は少ないと思う。
ただかなりの疑問・何を指し示しているのかわからないところ、があったので、出来る限り自分で考え解釈してみたい。
もちろん小説として書かれたものを違う言葉で解釈するのには限界があるだろうし、村上氏にも何か明確な意図があって書いたわけではないかもしれない。
ただ彼の言葉を借りるとすれば「僕には『1Q84』を解釈して、それを違う言葉に置き換えざるを得ない」のでやってみることにする。

方針
①出来る限り『1Q84』に書かれていることのみから根拠付け類推し解釈する。
(もちろん過去の村上氏の小説、読者とのメールのやりとりをまとめた本は何冊も読んだのでそれに考えがいくらか影響されてしまうとは思うのだけれど。)
②出来る限り曖昧な表現はなくす。


・まず登場人物の関係図

春樹 図4



・1Q84とは

Qはquestion markのQだ。疑問を背負ったもの。BOOK1 P202

見かけにだまされないように。現実というのは常にひとつきりです。BOOK1 P27

ここはパラレルワールドなんかじゃない(中略)1984年はもうどこにも存在しない。君にとっても、私にとっても、今となっては時間といえばこの1Q84年のほかには存在しない。BOOK2 P271,272

1Q84年は切れば血の出る現実の世界なのだ。BOOK2 P337

月は二つ浮かんでいる。(中略)しかしここにいるすべての人に二つの月が見えるわけではない。(中略)今が1Q84年であることを知る人の数は限られているということだ。BOOK2 P272

ドウタが目覚めたときには、空の月が二つになる BOOK2 P412



以上のことをまとめると
少なくとも天吾と青豆にとっての現実世界は1Q84年である。
そして1Q84年であるということは月が二つある、つまり自らのドウタが目を覚ましたということである。(青豆などにとって月は片方がいびつな形なのでドウタはまだ目覚めかけとも考えられる。)
より1Q84年には自らのドウタが目を覚ました人のみが存在すると考えることができる。
タマルなどにとっては月は1つにしか見えないのでタマルのドウタは目を覚ましておらず、1Q84年でなく1984年に生きると考えられる。


・ドウタ、マザとは

(ドウタとは)生きている影のようなものだ。BOOK2 P278

(空気さなぎの中を指して)そこにいるのは君のドウタだ

そしてキミはマザと呼ばれる

ドウタはマザの代理をつとめる

ドウタはあくまでマザの心の影に過ぎない

(ドウタは)パシヴァ(知覚するもの)の役目をする

知覚したことをレシヴァ(受け入れるもの)に伝える

マザの世話なしにドウタは完全ではない。長く生きることはむずかしくなる。

ドウタはわれら(リトル・ピープル)の通路になるぞ

BOOK2 P411,412



つまり1Q84年を生きる者はドウタが空気さなぎから目を覚まし自分とは離れてしまう、つまり知覚することを失っていると考えられる。
青豆もやはりそのドウタと離れ離れであったことがわかるので、知覚することを失っている、損なわれた人間だとわかる。
こう考えると天吾もそのドウタと離れているはずなのだが、ふかえりがパシヴァの役割をはたすことによって失われずに済んでいる。

ただ疑問が2点残る
①ふかえりはドウタを失っているのになぜ天吾のパシヴァができるのか
②天吾の空気さなぎの中に青豆のドウタが入っている意味はなんなのか


・リトル・ピープルとは

この現実の世界にはもうビッグ・ブラザー(ジョージ・オーウェルの小説『1984』における全体主義の独裁者)の出てくる幕はないんだよ。そのかわりに、このリトル・ピープルなるものが登場してきた。
(中略)
リトル・ピープルは目に見えない存在だ。それが善きものか悪しきものか、実体があるのかないのか、それすら我々にはわからない。しかしそいつは着実に我々の足元を掘り崩していくようだBOOK1 P422

でもリトル・ピープルもそれにまけずふかいちえとおおきなちからをもっている。もりのなかではきをつけるように。だいじなものはもりのなかにありもりにはリトル・ピープルがいる。リトル・ピープルからガイをうけないでいるにはリトル・ピープルのもたないものをみつけなくてはならない。BOOK1 P536

それ(リトル・ピープル)がいつも形を持ち、名前を持つとは限らない。BOOK2 P274

リトル・ピープルが力を発揮し始めたとき、反リトル・ピープル的な力も自動的にそこに生じることになった。BOOK2 P274,275

リトル・ピープルはわたし(さきがけのリーダー)を失うことを恐れている。なぜなら彼らにはわたしの存在がまだ必要だからだ。わたしは彼らの代理人としてきわめて有用な人間だ。BOOK2 283

「空気さなぎを作って遊ばないか」とテノールのリトル・ピープルが言った。BOOK2 P403

彼ら(リトル・ピープル)はマザである少女には直接手を出すことはできないらしい。そのかわりまわりにいる人間に害を及ぼし、滅ぼすことができる。(中略)彼らはもっとも弱い部分を餌食に選ぶ。(中略)こうなったのも、もとはといえばキミのせいなんだぞ、と彼らは告げているのだ。BOOK2 P416



これらの文だけからリトル・ピープルが何であるかを断定するのは非常に難しいし、危険である。
しかし

・リトル・ピープルがドウタをマザから離れたところ(空気さなぎの中)に作る。
・1Q84年にはドウタと離れた人が存在する、すなわち青豆と天吾も何らかの形でリトル・ピープルによってそのドウタと離れた。
・青豆は幼い頃の「証人会」、また親友の環が身勝手な夫により自殺したことによって、何かが損なわれた。天吾は幼い頃父親に連れ回されたNHKの集金と母親のトラウマによって、何かが損なわれた。

を踏まえれば僕はこう推論できると思う。

リトル・ピープル=弱い心を持った大衆の歪んだ総意

であると。
こう考えると

・ビッグブラザー(独裁者)との対比
・ひとりでいることはない、名前を持つとは限らない

などにもに合致するし

・「さきがけ」(山梨県、本栖湖、リーダーの超能力というキーワードよりオウム真理教をモチーフにしていると思われる)、「証人会」(その名前、輸血の禁止よりエホバの証人をモチーフにしていると思われる)
・NHKに代表されるマスコミ

などがリトル・ピープルの声を代表しているのだという筆者の主張だと考えることも出来る。
ただ大事なことは

こうなったのも、もとはといえばキミのせいなんだぞ、と彼らは告げているのだ。

つまりもちろん我々一人ひとりもリトル・ピープル的なものの原因になっているということだと思う。

以上をまとめると

弱い心を持った大衆は宗教やマスコミなど様々な形をとって僕らの知覚を蝕む。しかしもちろん大衆それ自体は善でも悪でもないし、僕らもその一部であり原因を持っているのだ。


・村上氏の提案する解決策

「愛がなければ、すべてはただの安物芝居に過ぎない」BOOK2 P289

「もっとも歓迎すべき解決方法は、君たち(青豆と天吾)がどこかで出会い、手に手をとってこの世界を出ていくことだ」BOOK2 P283

リトル・ピープルからガイをうけないでいるにはリトル・ピープルのもたないものをみつけなくてはならない。BOOK1 P536

lunaticというのは月によって、つまりlunaによって一時的に正気を奪われること。BOOK1 P551




これに対し村上氏は「愛」を持てと言っているのだと思う。
1Q84年では人々はlunaticになっているだけで、本質的に狂っているわけではなく打開策があるのだ。
それが「愛」だ。
ものすごく簡単に書いてしまったが、本当にそういうことなのだと思う。
青豆と天吾にはそれができるのだ。


・残った疑問と続編への期待
上述したように、まだ『1Q84』には疑問がいくつか残る。細かいところをつけばまだまだある。
それに結局青豆はドウタと離れ離れだし(天吾にはふかえりがいるのでいいかもしれないが)、二人が出会っていない以上「愛」によってリトル・ピープルからガイを受けないに至っていない気がする。
なにより1Q84年から1984年に戻らなくてもいいのだろうか。

ただし『1Q84』は上下巻でなくBOOK1<4月-6月>、BOOK2<7月-9月>となっているので続編が出る可能性はあると思う。期待大である。


・蛇足
今現在の我々の世界も言うなれば200Q年である。
「愛」の欠如によってリトル・ピープルが騒ぎ出し、僕らのパシヴァはリトル・ピープルの通路になってしまっている。
本当の「愛」を見つけて、200Q年から2009年に戻さなくてはいけないのではないだろうか。




スポンサーリンク


『1Q84』にみる村上春樹氏のスタイルと文学に対する姿勢

スポンサーリンク

昨日村上春樹氏の『1Q84』を購入し今朝の4時頃読み終えた。

物語の核心に対する僕の解釈・感想を書こうと思うのだが、
その前にまずは村上春樹氏がどのような姿勢で小説を書いているのかを僕なりに考えてみた。

批判は苦手なので褒めちぎります。これでもかってぐらい。


・気持ちの伝達の限界
僕が思っていること・感じていることを誰かに伝えたいとする。
僕はどうするか。
相手に「好きだ」と言うかもしれない、相手に向かって笑顔の表情を見せるかもしれない、はたまた相手を殴るかもしれない。
僕らはたくさんの伝達手段を持っている。
しかし僕は思うのだ、

いずれの方法を用いても相手に完全に自分の気持ちを伝えることはできないと。

言葉や、表情、行動にした途端色々なところが削ぎ落とされてしまう気がするのだ。
感覚としては、仮に心が3次元ベクトルで(2,1,3)と表されていたとしても、
言葉や、表情、行動にした途端にそれは(2,1)になったり、最悪(2)のように次元が落ちてしまうような。注1

春樹 図1


・言葉の限界
そしてそんな中でも「言葉」だけしか使わない場合は本当の気持ちを相当部分削ぎ落とすと常々僕は考えてきた。

例えば僕らが相手に好意を伝えたい時、「好きであることを言葉で述べる」or「『好きだ』と言い相手を抱きしめる」どちらがより正確に僕らの気持ちが伝わるか。
かつては僕は後者の方がより正確に伝わると思ってきた。
いうなれば後者は(2,1)ですむが、前者では(2)になってしまうと思ってきた。

つまり「言葉」のみで我々が何かを表現するとき、それは例えば「漫画」「映画」に比べてより弱くしか相手に伝わらないのではないかと。

しかし村上氏の作品を読むとそれが間違っていることに気づく。

・村上春樹氏のスタイル
この村上氏の文章を読んでほしい

いったん数学の世界に入ると、彼の脳の回路が(小さな音を立てて)入れ替わった。彼の口は違う種類の言葉を発し、彼の身体は違う種類の筋肉を使い始めた。声のトーンも変わったし、顔つきも少し変わった。天吾はそのような切り替わりの感触が好きだった。ひとつの部屋から別の部屋へ移っていくような、あるいはひとつの靴から別の靴に履き替えるような感覚がそこにはあった。
(中略)
天吾は教室を見まわし、十七歳か十八歳の少女たちの何人かが、敬意をこめた目で自分をじっと見ていることを知った。彼は数学というチャンネルを通して、彼女たちを誘惑していることを知った。
彼の弁舌は一種の知的な前戯だった。関数が背中を撫で、定理が温かい息を耳に吐きかける。
『1Q84 BOOK1』P498,499



メタファー(隠喩。よく村上氏はメタファーと言うのでこう書いた方が適切かと。)の多用がまず目に付く。
「頭を数学に切り替え、雄弁に数学を教えた」で話の流れは伝わるが、それでは済まさず、くどいくらいメタファーを書き込む。
だがそれがうまい。絶妙にうまい。
この場面を映像として見せられることよりも、ひょっとするとこのように言葉のみで書いてくれたほうが我々によりよく伝わるのではないかという気にさせられる。
もちろん映像支持者の方にも反論はあるだろう。
しかし少なくとも「言葉」のみを使うことによって伝達したいものが著しく損なわれることはないし、その使い方によっては他の表現方法を超え限りなく元の「伝達したい本当の気持ち」に近づく可能性すら感じさせてくれる。


また村上氏の小説には「食事」と「衣服」と「性行為」の描写が細かく書かれることが多い。

天吾はたくさんの生姜を包丁で細かく刻んだ。そしてセロリとマッシュルームを適当な大きさに切った。チャイニーズ・パセリも細かく刻んだ。海老の殻をむき、水道の水で洗った。ペーパータオルを広げ、そこに兵士たちを整列させるように、海老をひとつずつきれいに並べた。枝豆が茹で上がると、それをざるにあけてそのまま冷やした。それから大きなフライパンを温め、そこに白ごま油を入れ、まんべんなく延ばした。刻んだ生姜を細火でゆっくり炒めた。(後略。このあと2ページに渡り料理の描写は続く。)
『1Q84 BOOK2』 P94,95



彼の着たグレーのスーツには無数の細かいしわがよっていた。それは氷河に侵食された大地の光景を思わせた。白いシャツの片方の襟は外にはねて、ネクタイの結び目は、まるでそこに存在しなくてはならないことの不快さに身をよじったみたいに歪んでいた。スーツもネクタイもシャツも、少しずつサイズが合っていなかった。ネクタイの柄は、腕の悪い画学生が、素麵がのびてもつれたところを心象的に描写したものかもしれない。どれも安売りの店で間に合わせに買ってきたもののようだ。しかし、それでも長く見ていると、着られている服の方がだんだん気の毒に思えてきた。
『1Q84 BOOK2』P41



その日も彼女は黒い下着の上下を身につけていた。そして彼に入念なフェラチオをした。そして彼のペニスの硬さと、睾丸のやわらかさを心ゆくまで愉しんでいた。黒いレースのブラジャーに包まれた彼女の乳房が、口の動きに合わせて上下するのを、天吾は目にすることができた。彼は早すぎる射精を避けるために、目を閉じてギリヤーク人のことを考えた。
(中略)
天吾はガールフレンドの口の中に激しく何度も射精した。彼女はそれを最後まで口の中に受け、それからベッドを出て洗面所に行った。彼女が蛇口をひねって水を出し、口をゆすぐ音が聞こえた。それからなにごともなかったかのようにベッドに戻ってきた。
『1Q84 BOOK1』P494,495


これを物語の本筋には関係ない描写でくどいと評する人もいるかもしれない。
料理小説でも、ファッション小説でも、官能小説でもないんだから本筋に関係ないところは省いたほうがいいと思う人もいるかもしれない。

しかし僕らの人生は、「食事」「衣服」「性行為」が質的にも時間的にも金銭的にもにもかなりの部分を占めている。

これらは、非常に、非常に、大切なことなのだ。
これらを省いて、物語の起承転結を書いてもそれは次元をそぎおとした(2)にしかなりえない。
全くリアルに感じることも出来ない。
細部にわたる入念な書き込みによって物語は限りなく「伝達したい本当の気持ち」に近づくのだ。

・言葉の可能性
これらを踏まえたとき村上氏の小説により僕は「言葉」というものの可能性を過小評価していたことに気づかされる。
「言葉」は最も優れた感情・心の伝達手段になりうるものかもしれないのだ。

もちろん村上氏は表現による限界もきちんと認識していて

「説明しなくてはそれがわからんというのは、つまり、どれだけ説明してもわからんということだ」『1Q84 BOOK2』P181,182


と言っているし、

いったんジになるとそれはわたしのものではなくなる。『1Q84 BOOK1』P536


ということもわかっている。
しかしそれに続けて

あなたはうまくそれをジにかえたしだれもあなたのようにはうまくできなかったとおもう。『1Q84 BOOK1』P536



と述べているところをみると、「言葉」の可能性を誰よりも信じているし、自分にこそそれができると思っているのではないか。


限界は言語においてのみ引かれうる。そして、限界の向こう側は、ただナンセンスなのである。
『論理哲学論考』ヴィトゲンシュタイン




・まとめ
村上氏は「文章・言葉」こそが、考え・感情を限りなく欠落なく伝達するのに最良の手段であると信じ、またそれを証明しようという姿勢で小説を書いている気がする。
彼のスタイルすなわち、メタファーの多用と細部にわたる入念な書き込みからはそれがひしひしと伝わってくるのだ。

彼自身の言葉を借りれば村上春樹は「文章を武器として闘うことができる数少ない非凡な作家」なのだ。

まぁでもきっと彼はいつものように「小説を書かずにはいられないだけだよ」と言い放つと思うのだけれど。




注1
僕はこの問題を線形代数の言葉を借りて
「人間の心を扱うベクトル空間では、いかなる表現を基底に用いても完全系はなさない」
とよく考える。
まぁカッコつけてるだけで意味は同じです。




スポンサーリンク


PageTop

スポンサーリンク
全ての記事一覧

全ての記事が一覧で見やすく見ることが出来ます!

全ての記事を表示する

プロフィール

mic

Author:mic
植田幹也
はい、ミキペディアです
ボルダリング中心ですが、クライミング全般の記事が多いです
mikipediaではないです

メールアドレス
pinedooruedaあっとyahoo.co.jp

リンクフリーです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

検索フォーム

FC2カウンター

現在の閲覧者数: