SEO対策
クライミング|mickipedia

スポンサーサイト

スポンサーリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


須玉-長坂 論争~小川山へのアクセス問題を考える~

スポンサーリンク

昨今岩場に行くクライマー数が急増したという背景もあり、クライミングエリアへのアクセス問題が見過ごせないものになっている。
駐車禁止区域への駐車、私有地への許可なき侵入、登攀禁止エリアでのクライミング、etc。

そんな中、我々クライマーにとって最大のアクセス問題である「須玉-長坂 論争」は未だ誰にも答えは出せないままである。
この永遠の未解決問題に今私が決着をつけようと思う!


※あ、なんもアクセス問題とか関係ない気楽な記事です。すんません

目次
■「須玉-長坂 論争」とは
■距離と時間の比較
■コストパフォーマンス
■結論



■「須玉-長坂 論争」とは
東京方面から中央道を使い小川山へ行く場合、ほとんどのクライマーが須玉ICで降りて、国道141号線を北上する。
(高速代を抑える場合は、韮崎ICで降りたり、最初っから下道で行く場合もある)
しかし実はカーナビによっては須玉ICを通り過ぎて長坂ICで降りるように指示してくる場合もあるし、僕の周りには"長坂ICを使った方が圧倒的に早い"と言い張る友人もいる。
この

「東京方面から中央道で小川山へ行く場合、須玉ICと長坂ICのどちらで降りるのが早いのか。
また長坂ICで降りた方が早い場合、それは追加の高速代に見合うほどなのか」

というのが「須玉-長坂 論争」であり、このブログで結論を出したいテーマである。

余談だが須玉は「すたま」と読むのが正式であり、「すだま」と読むとクライミング用語パトロールから指摘が入ることがあるが、wikipediaによると元々は「すだま」であり1990年から「すたま」となったらしい。
つまり「すだま」と読むことも間違いではないのである。



■距離と時間の比較
まず比較する道のりを定義する。
須玉-長坂論争 地図

須玉ICから国道141号線を北上したときと、長坂ICから小川山へ行こうとしたときでは、「清里トンネル東」という交差点(マップの黒い星)で合流する。
よって今回比較するのは

・須玉IC-清里トンネル東(マップの青いルート)

・須玉IC-長坂IC(オレンジのルート)+長坂IC-清里トンネル東(赤いルート)

とする。

そしてgoogle map先生によるとそれぞれの区間の道のりは以下の通りである。

須玉IC-清里トンネル東は20.5km
須玉IC-長坂ICは9.3km
長坂IC-清里トンネル東は12.3km

単純に道のりを足し算してしまうと、須玉IC-清里トンネル東の方が短いのだが、須玉IC-長坂ICは高速道路であるので、下道よりも速度を出すことが可能である。

この下道と高速での時速の置き方が悩ましいのだが、以下の2パターンに分けて計算することとする。

①高速で飛ばした場合
高速道路では時速100km、下道では時速40km

②下道で飛ばした場合
高速道路では時速80km、下道では時速60km

これで全ての準備が揃った。
非常に難解な数式であったが、全ての叡智を終結して計算した結果が以下である。

須玉-長坂論争 表

つまりこの表から言えることは、

須玉ICを利用した場合の清里トンネル東までの所要時間は20.5分~30.8分
長坂ICを利用した場合の清里トンネル東までの所要時間は19.3分~24.1分
いずれの場合も長坂ICを利用した方が所要時間は短く、その差分は1.2分~6.7分


ということである。



■コストパフォーマンス
これで「須玉-長坂 論争」に決着がついたと思ったらまだ早急な判断だ。
なぜなら長坂ICを利用した場合は高速代がその分高くつくからである。
1.2分~6.7分というショートカットできた時間が本当に、掛った高速代の分の価値があるのかを検証しなくてはならない。

簡単に考えるために「高井戸IC」からのETC料金で比較すると

・高井戸IC-須玉IC
 -平日:3,550円
 -休日:2,480円
 -深夜:2,670円
・高井戸IC-長坂IC
 -平日:3,720円
 -休日:2,600円
 -深夜:2,790円

となり、その差額は120円~170円である。

さて、つまりはこの論争は最大で7分弱という時間を120円~170円で買うかどうかという問題に言い換えられた。

時給に換算すればおよそ1,000円~1,500円。
(下道で飛ばせた場合は1.2分しか得しないので、時給換算で6,000円~8,500円程度の価値があるかどうかということになる!)

最大で7分弱の得ならばボルダーなら3,4トライはできるかもしれないが、リードなら1便出すのも難しい時間。

ここはみなさんの時間価値と、どれだけ少しでも長く小川山でクライミングがしたいかという気持ち次第ということになるであろうか。



■結論
「長坂ICを利用した方が1分~7分程度所要時間は短い。
しかし120円~170円の高速代が上乗せされる。

ところが、カントリーキッチンロビンに寄るには須玉ICを利用することになり、ロビンのコストパフォーマンスが無限大であることを考慮すると、我々は須玉ICを我々は選ばざるを得ない。(ロビンは水曜定休なので注意)」




、、、おつかれさまでした!!

スポンサーリンク


スポンサーサイト

まずは王道課題を触りたい

スポンサーリンク

完全に僕の主観といういか、スタイルとも言えないくらいのたわいもない話。


新しい岩場に行ったとき、もしくは長いスパンをかけて取り組む課題を決めるときなどに、"さてどの課題にしようか"と迷うことがある。
そういう時に僕はまずはいわゆる「王道の課題」から触りたい。
もちろん知る人ぞ知る隠れた名作課題を登ったり、地味だけどムーブが面白いような課題を登ることも楽しい。
でも王道をまず触ってみたり真剣に撃ち込む対象にすることが前提であり、そういった隠れ課題や地味課題はアップや息抜きで触りたい。
ざっくり王道8割、地味課題2割くらいのイメージだ。
この比率を間違えちゃいけない。

ボルダリングの課題で考えてみる。

3級前後のクライマーが小川山に行って「コンケーブ」や「穴社員」を触らないわけにはいかないだろう。
1級前後のクライマーならば「エイハブ船長」のラインは見た瞬間に登りたいという気持ちが沸くだろう。
だから未だに「穴社長」を登れていない自分に嫌気がさしている。

同様に、瑞牆のオススメ課題を聞かれたら絶対に「瑞牆レイバック」と答える。
もうちょっと登れる人には「阿修羅」を必ず推す。
だから「インドラ」みたいな世界のどこの岩場に出してもきっと引けを取らない課題に対して、いつまでも腰を据えて取り組まない自分自身をクライマーじゃないのではと疑いたくなることもある。

御岳の「忍者返し」なんて最近は人でごった返しているから近寄らない人も多いけれど、The王道だろう。
冷静に見てめちゃくちゃカッコ良い岩だし、歴史から考えても避けては通れない課題だ。

もちろん人によって「王道」の意味合いは違ってくるだろう。
ある人にとっての王道を僕が地味課題や傍流課題と認定してしまったら申し訳ない。
だからここでは地味課題や傍流課題が何かは議論しない。

僕にとって、王道ってなんだろうかと考えると。

・歴史がある。もしくは登られたストーリーに惹かれる
・風格がある
・ムーブがカッコ良い
・グレードに対して極端に易しすぎない
・高さがある
・課題名がカッコ良い


ざっとあげるとこんな基準をいくつか満たす課題だろうか。

でも本当は誰かが切り開いた王道をたどるのではなくて、自ら開拓・初登をして王道を切り開くのが一番カッコ良いに決まっている。
まだそんな余裕は無いくらいの半人前のクライマーの独り言。

スポンサーリンク


小川山クライミングを全力で楽しむ2017秋

スポンサーリンク

ちょっと忙しくて更新が滞っていますが、とりあえず岩日記を書いときます!

一昨日から、2泊3日で小川山に行ってきました。
今回は雨に降られることもありましたが、ボルダー、スポート、トラッド、マルチピッチと3日間で色々楽しみました。
クライミングを始めて8年間くらいほとんどボルダリング中心でしたが、ここにきてようやく色々なクライミングができるようになり、クライミングそれ自体の見え方もガラリと変わりました。
引き続き色々と手を出してクライミングの幅を広げたいです。

ちなみに3日間はこんな感じ。

1日目
・ボルダー:親指岩下ボルダーで遊ぶ
・スポート:五月の雪 5.10c
・トラッド:イムジン河 5.11c/dに敗退

2日目
・スポート:小川山物語 5.9
・マルチ:レモンルート(5P) 5.9

3日目
・トラッド:イムジン河を再び!
・ボルダー:ヴィクターで遊ぶ

親指岩下の露岩チムニークラックの6級。見た目よりツラい
変換 ~ 露岩クラック

小川山物語(ストーリー、と読む)。文句なしの三ッ星ルート
ランナウトしているところもあり5.9にしてはスリリングだが、小川山でルートをするなら絶対に登りたい一本
変換 ~ 小川山物語

レモンルートの頂上部から。2人だけで初めてのマルチだったが無事に全ピッチOS!
慣れていない懸垂下降は70m1本で5回もやった。笑
変換 ~ レモンルート

イムジン河。忍者返しの初登でも有名な池田功さんが1982年に初登したスーパークラシックルート
あまりにも消耗していてマントルを返すのにレストが3分くらい必要だった。
変換 ~ イムジン河

イムジン河の動画



あと、だんだんと小川山の全貌が把握できて最近楽しいです。
1日目一緒に登ったしょうじさんに薦められた「Field Access 2」というアプリが840円するのですが、GPSなどを記録するのにオススメ。
行った岩の情報が細かく記録できるので面白い&迷わない&ショートカットとか思いつき易い。
変換 ~ Field Access2


さて、次は何を登ろうか。
この流れでスーパーイムジンをやりたいけど、その前にハンドジャムからもう少し基礎を固めないと。
というかそろそろインドアボルダーの力も戻さないとな。
やることが多すぎる。

スポンサーリンク


後からコンペ課題をやって「何完した!」とかには意味がない

スポンサーリンク

何かあったわけではないのですが、なんとなく前々から思っていること。
ほとんど言いたいことはタイトルで言い終えてますが。


まずは自分の反省かつ戒めの話。
先月末にサマスマとシェアのコンペに二週連続で出場した。
サマスマが終わったあと、本来ならすぐに切り替えてシェアのコンペに向けた練習をすれば良いのに、サマスマの予選で力を出せなかったことが悔しくて、シェアコンペ前にサマスマ課題の復習に行ってしまった。
で、当然なのだけれどコンペの時にできなかった課題も後からやればそれなりに登れる。
そうすると「なんだ落ち着いてやれば登れるじゃん」みたいに、なぜか安心感を得てしまう。
でもその安心感は全く意味をなさないし、むしろ弊害にすらなり得る。
一度触ったことがあって、ムーブがわかっている課題を、ノープレッシャーの下で登ることができても次のコンペの役には当然あまり立たない。
そんなことで溜飲を下げてもしょうも無さ過ぎる。
コンペ前なのだから触ったことない課題でコンペ想定練習をした方が良いから、まだタクマヌマジリの完登したコーディネーション芸人決勝課題でも触ってみた方が100倍自分のためにはなる。でもその課題は触りもしなかった。
そして案の定シェアのコンペは振るわない結果だった。

(サマスマの場合は、できなかった課題のリベンジだけでなくて、触っていない課題も含めてとても面白そうだったから登りに行ったというのももちろんありますけどね)


同様にあるコンペに参加した人であろうと参加しなかった人であろうと、コンペ課題を後からやりに行って「何完でしたー!」とか自己主張してもほぼ意味がない。
コンペ本番と自分で後からやるのでは天と地ほども状況が違う。
本番では時間的制約から1,2トライで登らなくてはならないかもしれないし、最適なムーブがわからないかもしれないし、詳細なグレードがわからない状態かもしれない。
仮に後からコンペ課題をやるときに、課題に関する情報を完全にシャットアウトしてトライして、かつアテンプト数とかを気にして触ったとしても、それでも本番と比べたら完登の意味合いは全然違う。
なぜならコンペというプレッシャーの中でやるのと、何にもプレッシャーが無い状態でやるのでは雲泥の差だからだ。

もちろん、コンペだと人の登りが見れたりとか、火事場の馬鹿力が出たりだとか、フリクションがまだ良い状態だとか、逆に好条件なこともあるけれど。

とにかく、コンペは心技体全てが揃わないと上には行けない。
後からコンペ課題だけをやるのは、「心」にかかるプレッシャーも少ないし、ムーブがわかっていたり戦略的な「技」もたいして必要ないので、フィジカルの「体」を試しているだけに過ぎないとも考えられる。
ユースの子達を含めてコンペティターは本当に凄まじい環境で戦っていると思うから、彼らを見下すような発言は絶対にしたくない。

これはなにもクライミングだけに限った話じゃない。
例えば受験とかでも、過去問で何点が取れたとか、問題集のこんな難問が解けたとかに、ほぼ意味がないのと同じだ。
年に一度という失敗が許されない状況で、自分ができることを当たり前にするということに難しさがある。
本番に力を出せるやつが受かる。

とここまで言ったものの、コンペ課題を実際に触ることで実力を確かめることは大切だし、受験だって膨大な量の過去問を解かなくては戦場にすら立てないのもまた真実。
練習でできないことが本番でできるなんてことは滅多にない。
とてつもない練習の積み重ねの末に輝かしい本番の舞台はある。

要はフィジカルやベースのクライミング能力を鍛える練習やトレーニングの場と、心技体全てを動員する実践の場をはき違えてはいけないということだ。
練習やトレーニングの場で良い結果をだしたからといって慢心してはいけない。

スポンサーリンク


ロクスノ77号の宣伝&補足とBear's Rockのセット

スポンサーリンク

本日9/6(水)に『Rokc & Snow 077』が発売されました。
いつも通り「僕らは考える石ころである」を書かせていただいているので、もしよければ読んでみてください。
今日の記事は宣伝っぽいものばかりなのですが、ロクスノの補足と、今日まで3日間セットにいかせていただいていた葛飾区のBear's Rockさんでのセットのことを書きます。



■ロクスノ77号の補足

ロクスノ77

前回は練習の「密度」の話だったので、今回は質の話。
テーマは「限界的練習」。
めちゃくちゃ強い人の練習を見たことがある人ならわかると思うのですが、彼らって出来る課題を淡々とこなすという練習はほとんどしていないですよね。
常にできるかできないかわからない、だけど難しすぎない課題にチャレンジしています。
そのような練習方法を限界的練習というのですが、あらゆる分野での上達法として知られているものです。
きっと普段の練習に大きな影響を与えるものになるはずなので、良かったら目を通してみてください。
ちなみに『Peak 超一流になるのは才能か努力か? 』という本を大いに参考にして今回の記事は書きましたので、こちらも是非!

それと今回のロクスノは最近クラックやトラッドをやっている自分にとっては垂涎の内容ばかりでした!

・佐藤さん・増本さんのベアトリス、横山さん・長門さんのK7
 今の僕にはそのすごさを推し量ることはできないが、とにかく写真だけでも迫力がありすぎる。
 こういう冒険的なクライミングには心底あこがれる。

・アレックスオーノルドのフリーライダーフリーソロ
 エルキャップのフリーソロ中にV7(初段)のデッド、、、もうわけわからん
 "一見不可能な目標を打ち立て、それを細かく分け、おのおのの部分をひとつずつ片づけていく" あたりまえだけど至言。
 
・倉上さんのイギリスでのクライミング
 まずプロテクションや終了点の写真が衝撃的なので必ず見て欲しいです。
 あと"最初のトライで20m超の墜落を経験し"とかサラっと書いてあって、もう何が何だか。
 瑞牆での最近の成果である「ハヤブサ/5.13a(8P Ⅵ)のソロ・初見ワンプッシュレッドポイント」などもあわせて、倉上さんの活躍から目が離せないです。

他にも

・坂野さんの英国式トラッドグレード
・ジェームズピアソンの記事
・ユージさんたちのフェロー諸島でのクライミング

などなど書ききれないのですが読みどころ満載。
しかし、トラッドどころか岩場でのクライミングには興味の無い層にとってはきっと読むところがあまりないのかも。
クライミングというだけでかなり多様化しているので、どういう記事を扱うかは難しいところですよね。

そして何よりうれしかったのは読者の声のコーナーで僕の連載を褒めてくれる声がいくつかあったことです。
ブログにも前に書きましたが、こういう見知らぬ誰かからの声は本当にモチベーションに繋がりますね。
(参考:誰のためにブログを書くのか
頑張って連載を続けようと思いました。







■Bear's Rockでのセット

・セット途中の写真ですが、135度と125度はかなり良い壁です
変換 ~ Bears Rock

9/4,5,6(月、火、水)で葛飾区のBear's Rockさんで全面セットをさせていただきました。
Bear's Rockは京成線のお花茶屋駅から歩いて5分ほどにあるジムです。
写真で見ていたよりも高さと壁面積があり、スラブから135度まで揃っているのでかなりトレーニングになる環境だと思います。
一緒に入った奥谷さん、MAXさんと各自30本程度作りました。
セッター3人の個性がかなり違うので、楽しめるはずです。
僕はダイナミック系とか、コーディネーションとか、ウルトラシンクラック課題とか一見ふざけた課題も作ってみたりしましたが、各グレードで必ず1本はきちんとしたクライミングをさせる課題も入れました。
奥谷さんとMAXさんの課題は本当に面白くて、奥谷さんの135度の真っ向勝負ピンチの初段、MAXさんのスラブ初段、これをやるだけでも行く価値はあると思います!
是非遊びに行ってみてくださいー。

スポンサーリンク


PageTopNext>>

スポンサーリンク
全ての記事一覧

全ての記事が一覧で見やすく見ることが出来ます!

全ての記事を表示する

プロフィール

mic

Author:mic
植田幹也
はい、ミキペディアです
ボルダリング中心ですが、クライミング全般の記事が多いです
mikipediaではないです

メールアドレス
pinedooruedaあっとyahoo.co.jp

リンクフリーです

最新記事
フリーエリア
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

検索フォーム

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。