SEO対策
クライミングのルールの考察4~掲示物・ボルト穴の使用に関して再整理~|mickipedia

クライミングのルールの考察4~掲示物・ボルト穴の使用に関して再整理~

スポンサーリンク

今回の記事はルールの考察というほどでもないのですが、
以前このブログで扱った2つのルールに関して2015年で変更等がありましたので、再度整理させていただきます。
細かいので、興味ある人だけ読んでください。笑



目次
■掲示物の使用に関する変更
■ボルト穴の使用可否に関して再整理
・言葉の定義
・単純解釈
・複雑解釈
■終わりに



■掲示物の使用に関する変更
1点目は以前のブログ記事
クライミングのルールの考察2~ホールド以外に使用可能なものは何か~
でも書いた、ホールド以外の広告等の掲示物に関する使用可否の変更です。
2014年までは掲示物の使用は禁止されていませんでしたが、IFSCルール2015年版からリードでもボルダーでも「アテンプト失敗」の条件として以下の文言が追加されています。

6.9.9
e) Uses any advertising or informatonal placard affixed to the wall, or any part of such material




つまり、
壁などの全てのものに取り付けられている広告や掲示用プラカード
を使用した場合はアテンプトの失敗とみなされます。
何気にめちゃくちゃ大きなルール変更ですね。

これは先ほどの本ブログ記事で紹介したように、2014年ワールドカップでルスタン選手がスタートプレートを使用したことからルール変更という経緯になったのではないでしょうか。

ただ、超屁理屈つけるとホールドと広告の違いって何なのでしょうね。
「Teknik」と書かれたホールドはadvertisingとも取れますが。笑



■ボルト穴の使用可否に関して再まとめ
ボルト穴の使用に関しても、クライミングのルールの考察3~ボルト穴は使用可能か~
以前ブログで触れました。

上の記事では「ビス止めされたボルトオンホールドの穴の使用可否」に関して、JFAの解釈などが分かれているという内容でしたが、IFSCルール2015変更点を読むとJFAの解釈も若干変わったようで、やはりボルトオンホールドの場合はどのような取り付けられ方がされていても、ボルト穴は使用可能とのことです。
これに伴い、ボルト穴の使用可否に関して、再度きちんと整理してみたいと思います。


・言葉の定義
まず混乱の原因として、「ボルト穴」という言葉がいけないということに気づきました。
なぜならボルト穴とは、シチュエーションによって以下の2つを指してしまっているからです

「ボルト側の穴」:ボルトオンホールドに空いている穴=holes on bolt-on holds
「ナット側の穴」:ボルトオンホールドを取り付けるための穴= holes provided for the placement of bolt-on holds


ここでは勝手ながら前者を「ボルト穴」、後者を「ナット穴」と呼ぶことにします。

ボルト穴の例
ボルト穴の例

ナット穴の例
わかりづらいですが、壁の穴です
ナット穴の例 壁

オレンジのホールドに空いているボルトオンホールド取り付け用の穴です
ナット穴の例 ホールド


・単純解釈
定義が終わったので、いよいよボルト・ナット穴の使用に関する解釈です。
ボルト穴とナット穴を分けると、実は非常にすっきりとルールが整理できることに気づきました。

IFSCルールには、「アテンプトの失敗」の条件として以下の様に書いてあります。

6.9.9
d) Uses with their hands any holes provided for the placement of bolt-on holds , excluding any such hole on a bolt-on hold



これを単純解釈するなら、
「いかなるボルトオンホールド取り付け用の穴も手では使用してはいけない。ただし、ボルトオンホールドの穴は除く」
となるわけです。
つまり定義した言葉を使うならば
「ナット穴は手で使ってはいけない。ただしボルト穴は使って良い」
となります。

また、前回の記事に書きましたが、ハリボテなどをピンチした際に親指がナット穴にあたるなど付随的に使用することは禁じられていません。

ですので整理すると以下の表になり非常にすっきりと理解できます。

単純解釈


・複雑解釈
しかしここで疑問が2点残ります。
1点は前回記事でも書いたように、クライミングウォールのナット穴に関して付随的使用が認められるのかというものです。
例えばカンテなどをピンチで持つ際に親指がナット穴にあたっても良いのかということです。

もう1点は、「ボルトオンホールド上のナット穴は使用禁止なのか」という点です。
もう一度ルールを引用しますが、アテンプトの禁止条件は以下です。

6.9.9
d) Uses with their hands any holes provided for the placement of bolt-on holds , excluding any such hole on a bolt-on hold



この後半部分の"any such hole"というのは、文法的にド真面目に捉えるなら"any holes provided for the placement of bolt-on holds"を指していると考えられ、つまりはナット穴を意味しているとも考えられます。
つまり「ボルトオンホールド上のナット穴は使用禁止から除外される」とも読めるわけです。

ボルトオンホールドにナット穴が空いているケースは結構多いです。
例えば以下のホールドではボルト穴の上方にナット穴も空いています。
ボルトオンホールドのナット穴

この「ナット穴」に対してワンフィンガーを極めることは、禁止されているのかいないのか、果たしてどちらなのでしょうか。
この点に関しては更なるIFSCルールの厳密化に期待したいです。

以上を表にまとめると以下になります。
複雑解釈



■終わりに
何か重箱の隅をつつくような記事になってしまいましたが、やはりルールはできるだけ明快にしておきたいですよね。
少なくとも今回の記事から言えることは
・これからはどこに空いていようと「ボルト穴」には気にせずガンガン指突っ込めます!(安全に十分注意を払った上で、、、)
ということですね。

ではまた!
スポンサーリンク


セルフ・ハンディキャッピングに陥らないためにはPageTop科学するクライミング4~肩の柔軟性とキャンパシングの距離~

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://mickipedia.blog113.fc2.com/tb.php/101-b9bd0200

スポンサーリンク
全ての記事一覧

全ての記事が一覧で見やすく見ることが出来ます!

全ての記事を表示する

プロフィール

mic

Author:mic
植田幹也
はい、ミキペディアです
ボルダリング中心ですが、クライミング全般の記事が多いです
mikipediaではないです

メールアドレス
pinedooruedaあっとyahoo.co.jp

リンクフリーです

最新記事
フリーエリア
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

検索フォーム

FC2カウンター

現在の閲覧者数: