SEO対策
ボルダリングコンペにおける上級者と初中級者の違い|mickipedia

スポンサーサイト

スポンサーリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


ボルダリングコンペにおける上級者と初中級者の違い

スポンサーリンク

この前の土日にBLoC Fish&Bird戦のセット・運営をしましたが、みなさんのおかげで大いに盛り上がりました。
ありがとうございます。
さてセットでも運営でも色々と反省点はあるのですが、今回はジャッジやMCをしながら選手を見ていて気付いたことを書いてみます。
カテゴリーを横断的に見ていたので上級者と初中級者の違いが見れて興味深かったです。
(もはやコンペ参加者のレベルが上がり過ぎているので、本当の意味での初中級者はいなかったですが)
書いていることはほとんど当たり前のことばかりですけど、意識していなかったという初中級者のためになれば嬉しいです。
ただ、あえて極端に「上級者はこう、初中級者はこう」と決め付けた口調で書いているのですが、もちろん当てはまらない人も多いとは思いますが。



<今回のコンペで見られた、ボルダリングにおける上級者と初級者の違い>

■上級者は登るべき課題が見え戦略的に攻めているが、初中級者は無計画に闇雲に課題に取りついている
これがジャッジをしていて一番感じたことですね。
リアルタイムリザルトシステムになったので、ジャッジをしながら選手の番号を入れるとどの課題でボーナスや完登をしているのかがスマホに表示されます。
上位カテゴリーの選手や決勝に残るような選手は
「簡単な課題から攻める」
「ヨレそうな課題を先に登っておく」
「後半並びそうなスラブなどの課題に早期に着手する」
など攻め方は違えど各々の戦略を持ってコンペに挑んでいることがリザルトから読み取れます。

一方で下位カテゴリーには課題の取り付き方に何の計画性も無いような選手が多く見られます。
「とりあえず1番から順に登っていく」
「できない課題があると(他に明らかに登るべき課題があるにも関わらず)それに異様に固執する」

などです。

今回のBLoC Fish戦はどのカテゴリーも競技時間がかなり長かったため地力の差が如実に表れたコンペであったかもしれませんが、時間制限がかなり厳しいセッション形式のコンペの場合はこの戦略が大いにリザルトに影響するはずです。


■上級者はセッターの意図を汲み複数の選択肢を視野に入れてオブザベーションをしているが、初中級者のオブザベーションは手順を考える程度
上級者ほど参加者同士で話し合って事前のオブザベーションをしているように見えますが、その会話からは
「何でこのホールドが使われているか」
「セッターはこのようなムーブをさせたいのではないか」
「でもこうやったら設定ムーブを壊せそうじゃないか」
「ここはやり方が3通りありそうだけど、まずはこれを試す」

などが聞こえてきます。
適当に遊びで作られた課題ではなくコンペ課題である以上、ホールドのチョイスや配置の1つ1つにセッターの意図が込められていることを知っているので、それを汲んでオブザベーションをしているのです。
その上で複数の選択肢を残したり、時には自分の得意なやり方で抜け道となるムーブが無いかなどを模索しています。

しかし初中級者はせいぜい手順程度のオブザベーションしかできていない人が多いです。
なので、ホールド感や距離感などが想定と違うとそこで詰まってしまい、無駄に動きが止まったり、変な持ち替えをしたり、無理矢理ヒールやトウをかけてみたりごちゃごちゃやって、その挙句に手を出さずに落ちます。
手を出さずに落ちることほどやってはいけないことは無いです。手を出さなければ可能性は0ですから。


■故に、上級者は登りが速いが、初中級者は遅い
そしてオブザベ力の違い故に、上級者と初中級者の登りの単純なスピードにも大きな差が見えました。
もちろん筋力の違いから動きの速度が違うというのもありますが、ムーブを連続して繰り出せるかどうかという点が全く異なっているのです。


■上級者は後半ラウンドや決勝まで持久力が持続するが、初中級者は後半ラウンドや決勝まで持久力が持たない
これは年齢や日頃からリードクライミングをしているかどうかなどにも左右されるのですが、やはり上級者の方が圧倒的に持久力があります。
レギュラー男女やミドル男子の上位層は後半ラウンドになるとよりムーブが洗練されて、完登に近づいていきます。
もちろん流石に決勝ではレギュラー男女の選手にすら疲れの色は見えましたが、彼ら彼女らは疲れていても課題を登り切る術を身に着けているのです。
一方でエントリークラスでは後半ラウンドでは持久力が続かずに指が開いてしまい前半よりも高度を下げてしまっている選手が多く見られました。
おそらく多くの初中級者が90分~120分全力で登るという経験を日頃からしていないのだと思います。
持久力というのは実はコンペを戦い切る上で非常に重要な力で、僕は多くの選手において保持力やパワーではなくボルダー的持久力(長い時間高強度のボルダー課題にトライできる持久力をそう呼んでいる)が最も弱い環になり足を引っ張っているのではないかと見ています。

参考記事:クライミングにおける「最も弱い環の原則」の"悪循環"


■上級者ほどポジティブに思考し前向きな発言をするが、初中級者にはネガティブに思考し後ろ向きな発言をする選手が多い
上級者は課題を前にした時に
「これは登れそうだ」
「アップでこれはいけるでしょ」
「全完見えたわ」

などと自信がみなぎり一見するとビッグマウスな選手もいます。
でもそのように常にポジティブに思考することで実際のパフォーマンスもついてくると僕は思います。
決勝でもレギュラー男女の選手は登れても登れなくても前向きに課題にトライしていた印象が強いです。

しかし、初中級者には発言がネガティブな選手が多い気がします。
「今日は0完だな」
「この課題難しすぎてできる気がしない」
「ビリにだけはならないように気を付けます」

このような発言はもちろんセルフハンディキャップから来るものだと言うことはわかるのですが、このようなマインドでは登れる課題も登れないです。
コンペに限らず日頃のトレーニングでもそうですが、前向きに思考するようになりネガティブ発言がなくなってくるとそのお客さんは上級者に近づいているなと常々感じます。

参考記事:セルフ・ハンディキャッピングに陥らないためには


■上級者ほどブラッシングをこまめにするが、初中級者はあまりブラッシングをしない
細かいことですが、上級者ほど頻繁にブラッシングをしているように見えます。
ハンドホールドだけでなくフットホールドも入念に磨きます。
決勝などでもブラッシングをきちんと要求しています。

一方で初中級者はここ一番の大事なキーホールドのフリクションが不安な場合でも磨かずにトライしている人が多いです。
もちろんこちらもジャッジをしながら磨いてあげますが、並びが多い課題ではこちらも頻繁には磨いてあげられないこともあります。

これはフリクションに対する繊細な感覚を持っているかどうかで差が表れている気がします。
上級者ほど微妙なチョークの乗りや汚れなどを感じ取って、それがトライに実際に影響を与えることがわかっているのです。


■上級者ほど保持力やパワーが強いが、初中級者は弱い
まぁぶっちゃけて保持力やパワーの差はむちゃくちゃあります
もちろんそれだけでクライミング能力の差の説明が付くわけではないですが、差があるのは事実です。

さぁ強くなりましょうか!!


スポンサーリンク


最近の岩登り日記 2017年1月~3月くらいPageTopロクスノ75号の宣伝&補足~BJCレポートとやり抜く力~

Comment

ブラッシングについて

お疲れ様でした。
まだ、コンぺへの参加は日が浅いので耳が痛い内容ばかりですが
強い人からのこういう意見ってあまり聞く機会が無いので次のコンぺに向けての目標作りにじっくり考えようと思います。

それと、たまにコンぺのお手伝いをさせてもらうことがあるのですが、ブラッシングは自分もすごく気になってました。
登れてない人ほど磨かず、すぐに取りついて同じところで落ちてくる。
慣れてる人ほど、何なら同じ課題に並び直す度にブラッシング要求してくる人もいます。
小学生でもその辺ちゃんとしてる子がそこそこいるので侮れません。
というかブラッシング要求してもらった方がスタッフとしても磨く時間を確保できるのでそっちの方がありがたいとすら思います。
参加費だって払ってるんだから、権利として考えてブラッシングすればいいと思うんですけどね。

1つ、追加で言うと「ルール上可能なら絶対に自分で磨いた方がいい」ということです。
スタッフ任せじゃ磨き方に不安、等もありますが、「ホールドの情報を(ブラシ越しではあるが)得られる」ということなんです。
特に複雑な形状をしてるスローパーを探れたり、上の方でよく見えないカチの薄さ・インカットの度合いなんかがわかるのは大きいです。
人によっては卑怯と感じるかもしれませんが、ルール上は問題ない行為ですし、
意識してなくても少し磨きなれた人ならシャッシャッとやっただけで分かることもありますので。
あと、普段磨くクセの無い人がジャッジやってたりすると磨くポイントにズレがあったりもするので、やはり自分で磨くのが一番いいと思っています。

とはいえ、「スタートホールド以外触っちゃダメ」「選手自身でブラッシング可」という2つのルールの中で
隠れた矛盾が存在することにちょっとだけ違和感を感じてたりしますが。

Re: ブラッシングについて

コメントありがとうございます!

> 強い人からのこういう意見ってあまり聞く機会が無いので次のコンぺに向けての目標作りにじっくり考えようと思います。

もちろん僕もできていない内容もあるので、自ら実践したいですね。

>やはり自分で磨くのが一番いいと思っています。

ブラッシングのところ、全面的に僕も同意です!
自分がコンペに出ていて、ブラッシャーにすごい適当にブラッシングされると何とも言えない気持ちになりますよね。
でも自分がブラッシャーの時も結構ちゃんと磨いてあげるのは確かに大変、、、

> とはいえ、「スタートホールド以外触っちゃダメ」「選手自身でブラッシング可」という2つのルールの中で
> 隠れた矛盾が存在することにちょっとだけ違和感を感じてたりしますが

たしかに、この2つのルールは少し矛盾しますね。
でもIFSCルールでも認められていますし、ガンガン磨きましょう!!

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://mickipedia.blog113.fc2.com/tb.php/177-8a5dc0b8

スポンサーリンク
全ての記事一覧

全ての記事が一覧で見やすく見ることが出来ます!

全ての記事を表示する

プロフィール

mic

Author:mic
植田幹也
はい、ミキペディアです
ボルダリング中心ですが、クライミング全般の記事が多いです
mikipediaではないです

メールアドレス
pinedooruedaあっとyahoo.co.jp

リンクフリーです

最新記事
フリーエリア
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

検索フォーム

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。