SEO対策
阿修羅完登!|mickipedia

阿修羅完登!

スポンサーリンク

こんにちは。
3連休を使い瑞牆に行ってきましたのでそのレポート+おまけです。

ロビンにてはしゃぐ大人たち
130429@ロビン


出発前は二段クライマーになると意気込んでいたのですが、初日に少し触るだけと思ってトライした阿修羅(初段)がどうしても登りたくなってしまい、結局このツアーでは阿修羅を最優先にを打ち込みました。
そして3日目の4トライ目でついに完登。
本当に嬉しかった。
カチクライマーの僕にとっては決して得意ではない課題。
今年の1月あたりから続けてきた弱点克服のトレーニングの成果が出せたのかなと思います。
エイハブ船長、エゴイスト、などと並んで思い出に残る課題の一つになりました。

以下、基本情報とムービーです

■阿修羅
・グレード:初段
・地域:瑞牆
・岩:阿修羅
・初登者:室井登喜男(2002年頃)
・命名の由来:阿修羅の岩にあるほとんどの課題は神様の名前を由来としている。
『Rock&Snow54号』で室井氏が以下のように発言していることが由来か

ありえないほどのすばらしい岩を見て、瑞牆の持つポテンシャルに、信仰にも似た畏怖の念を感じた


・概要
瑞牆の高グレード課題でおそらく最も有名な課題。
綺麗に走ったクラック沿いに登っていく。
一般的なムーブだと7手+マントルであるが、どの1手を取っても気が抜けない非常に洗練された課題。
『Rock&Snow54号』で室井氏は阿修羅に関して以下のように発言

そして、今も自分の最高傑作だと思う「阿修羅」の初登は、何かが自分をここへ導いてくれたような気さえした






ついでに3月に御岳で登った初段を二つ。
■勅使河原美加の半生
・グレード:初段
・地域:御岳
・岩:デッドエンド
・初登者:山崎要一(黒本には要一とあるのですが、順一の間違いか?山崎順一氏はランナウトのオーナーである山崎岳彦氏の父。1987年秋初登)
・命名の由来:戸川純の歌に由来すると思われるが、なぜかは不明
・概要
スタートの左ポケットから、デッドエンドで使うポケットを右手で取りにいく課題。
3手目でリップを取り、マントルを返す短めの課題であるが、指への負荷が大きい。
リーチがあると有利な課題。



■素登り
・グレード:初段
・地域:御岳
・岩:忍者返しの岩
・初登者:大原秋彦(2001年2月)
・命名の由来:不明
・概要
核心までは3~4級程度の難度であり、実質的にほぼ1手に難しさ凝縮された課題。
核心は高度のある箇所でのヒールからの1手であり、下の岩にぶつかるのではないかという恐怖を克服することが必要。


スポンサーリンク


二段クライマーの誕生PageTop本当に男子Bグループは死の組だったのか~続・第8回BJC分析、所感~

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://mickipedia.blog113.fc2.com/tb.php/65-91283381

スポンサーリンク
全ての記事一覧

全ての記事が一覧で見やすく見ることが出来ます!

全ての記事を表示する

プロフィール

mic

Author:mic
植田幹也
はい、ミキペディアです
ボルダリング中心ですが、クライミング全般の記事が多いです
mikipediaではないです

メールアドレス
pinedooruedaあっとyahoo.co.jp

リンクフリーです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

検索フォーム

FC2カウンター

現在の閲覧者数: