SEO対策
国内最強ボルダラーは誰か~過去のボルダリングジャパンカップ男子分析~|mickipedia

国内最強ボルダラーは誰か~過去のボルダリングジャパンカップ男子分析~

スポンサーリンク

久々のリザルト分析系の記事です。

ノースフェイスカップ2014も終わり、いよいよボルダリングジャパンカップ(以下、BJC)が近づいてきました。
まだ今年のグループ分け等は発表されていないので、今回の記事では過去のBJCの結果を分析してみたいと思います。


目次
■はじめに
■分析の方法
■平均順位ランク
■安定度ランク
■結果・おわりに
■ちなみに



■はじめに

"国内の最強ボルダラーは誰なのか?"

女子最強という意味ならば過去8回のBJC全てで優勝している野口啓代さんと、ほとんどの方が答えると思います。
しかし、男子最強となるとこの質問に対する答えはかなり意見が分かれるのではないでしょうか。
そこで今回は過去8回のBJCの男子リザルトを分析し、国内の男子最強ボルダラーは誰なのかということを明らかにしたいと思います。



■分析の方法
まず簡単のため分析に使う大会は過去8回のBJCのみとします。
(もちろん中嶋徹君等、外岩に活動の中心を置いている激ツヨクライマーもいるとは思いますが)

そして、以下の2つの観点で順位付けをしたいと思います
平均順位
安定度

平均順位とは単純に過去に出場した大会の順位の平均です。
この数字が小さければ小さいほど平均的に高成績を収めていることになります。

安定度はまず第一に「準決勝進出率」で順位付けをし、それが同率の場合は「決勝進出率」で順位付けをしました。
全ての大会において、安定したパフォーマンスを発揮しているかを見ることができます。
注意点としては第1回BJCは準決勝がなかったため、予選落ちか決勝進出の2パターンしかありません。

またリザルトの順位は公式に発表されているリザルトに変更を加えています。
具体的には「同着が複数人いた場合は、複数人が占める順位の平均順位を与える」という変更です。
10位が3人いた場合は、10位、11位、12位を3人で占めていると考え、3人ともに平均の11位を与えています。

更に、分析の対象は「過去のBJCに2回以上出場した選手」としています。


10年近く前までの結果を考慮するため、現在の実力とは乖離している面もありますし、最近成長著しい若手クライマーには不利な分析となるかもしれませんが、まぁいつものように遊び半分で楽しんでください。

あと、間違いを見つけたら是非教えてくださいませ。



■平均順位ランク
まずはいきなり結果から
平均順位順

平均順位ランク1位は堀創さん。
第5回の優勝をはじめとして平均順位3.6位という驚異的な成績を収めています。
特に第4回からは出場した全ての大会で表彰台に乗っているという信じられないパフォーマンスです。

2位は松島暁人さん。
優勝こそありませんが、準優勝2回が大きいです。
近年はボルダーの大会ではセッターに回ることが多く、選手として見ることができないのが残念ですが。

そのあとは茂垣さん、安間さん、等、BJCで優勝経験を持つクライマーが並ぶ中、5位には優勝経験こそないものの、実力はNo.1との呼び声の高い杉本怜さんが位置づけています。

ちなみに9位のオビこと杉田雅俊さんは、予選の設定が問題となった第2回を除くと、平均順位3.4位であり、なんと堀さんを上回っています。


■安定度ランク
次に安定度ランクの結果です。
安定度ランク

全ての出場大会で準決勝に進出している選手は11名。
いずれも平均順位ランクでも上位に位置付けているクライマーです。
そして決勝進出率も考慮すると、1位はやはり堀創さん!
なんと出場した全ての大会で唯一全て決勝まで駒を進めています。
信じられない安定感。

そして2位には杉本怜さん。
第6回を除き、全て決勝進出。
やはり、この分析を見ても杉本さんの第9回の初優勝に期待がかかってしまいます。

また平均順位ランクと同じくに13位の杉田雅俊さんは第2回を除けば全て決勝進出と、こちらも脅威の安定感を見せています。


2つの表を作ってみましたが、結局は同じような顔ぶれが並んでいることも面白いですね。(平均順位ランクと安定度ランクにはあまり乖離は見られない)



■結果・おわりに
ということで、平均順位ランク、安定度ランク、を考慮すると

国内最強男子ボルダラーは堀創さん!

ということがわかりました。

第9回のBJCでも堀さんは引き続き安定した成績を収めるのか、誰かがこれを覆すのか、注目です。

引き続き分析系の記事も書いていきたいと思っていますのでお楽しみにー



■ちなみに
ちなみに、上にも書いた様に今回は「過去のBJCに2回以上出場した選手」を対象としています。
この前提を取り払い、全選手を対象とすると、、、

第1回のみに出場し3位の成績を収めた、レジェンド平山ユージさんが平均順位・安定度ともに1位となります!
スポンサーリンク


Aグループは本当に死の組か~第9回ボルダリング・ジャパンカップ分析、所感~PageTop2013年末豊田ツアーの雑感とクライミングに思うこと

Comment

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

ありがとうございます。
もっと更新頻度をあげなければ、、、

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://mickipedia.blog113.fc2.com/tb.php/75-8dfa416e

スポンサーリンク
全ての記事一覧

全ての記事が一覧で見やすく見ることが出来ます!

全ての記事を表示する

プロフィール

mic

Author:mic
植田幹也
はい、ミキペディアです
ボルダリング中心ですが、クライミング全般の記事が多いです
mikipediaではないです

メールアドレス
pinedooruedaあっとyahoo.co.jp

リンクフリーです

最新記事
フリーエリア
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

検索フォーム

FC2カウンター

現在の閲覧者数: