SEO対策
蟹交線 あとがき|mickipedia

蟹交線 あとがき

スポンサーリンク

蟹交線

あとがき

しゃべりたがりなもので、不要かもしれませんがあとがきを書きます。

①きっかけ
友達とのとある悪ふざけから横にしか歩けない蟹というものを思いつきました。
そして「横にしか歩けなかったら軌跡が平行な蟹どうしって出会えないなー、あでも直線は球面上では大円だから地球上なら会えるか」などと考えが進んでゆきこの作品となりました。
2、3日で書き上げましたが2ヶ月くらい前から頭の中であれこれ考えていました。

②題名
つまり題名は実は後から考えたもので、これを思いつく前は「カニカニワールド」とかホントどうしょうもない題名しか思いつかなくて死にたくなってました。

③補足
・語り手の文章の書き方がすごく難しいです。どうせならもっと絵本チックにしてもよかったかもしれません。
・1話目冒頭の平行線公理の引用ですが、あれは平行線公理が成り立つための必要条件であるだけで正しくないです。
ただあの文とユークリッド幾何学という言葉を入れることによって物語のオチを際立たせたかったので間違いを承知で書きました。
・アップする前に下書きを友人に見せたら「裏側のスポットに行かなくても、カニ子がぐるっと一周してくればカニ夫とスポットを持てる」ということを指摘され焦りましたが、
そうしてしまった場合ホームが岩の非常に近くになってしまい子供がブロックを持つ可能性が高いのでカニ夫とカニ子はその選択を捨てたということにしましょう。
・あと実際地球は球というよりは回転楕円体と呼ぶべきかもしれませんが、ややこしくなるので(というか僕自身、回転楕円体上だとどうなっちゃうのかよくわかんないので)この星は完全な球ってことでお願いします。
・裏のスポットにも岩がある、のようなバッドエンドも考えましたが初めての作品なので素直にいきました。
・人生、一人、恋人、などを蟹に使うのがすごく違和感が・・・。
・カニ夫はバット持っていたけどこの世界の野球ってどんなんだろ。
・子供に地球が丸いことを教えるときに『蟹交線』を題材にしてやってください。笑
スポンサーリンク


『1Q84』にみる村上春樹氏のスタイルと文学に対する姿勢PageTop蟹交線 6

Comment

問題

この星(完全な球、滑らかな曲面)において、
出会うことのできない蟹が存在する条件は?
もちろん岩はなしで。

いくつも答えがあるかもしれないけどね笑

それは
「蟹の軌跡が実は大円(球中心を通る平面と、球表面との交線)でない」
かい?

蟹は直線しか歩けない、つまり必ず軌跡が大円であるということは前提としよう。

また、補足だけどこの場合の「出会う」は
「間に障害物がなくお互いに触れることができる」
ということね。

つまり初めのカニ夫とカニ子は出会っていないことになる。

スポットが立体交差点みたいになってたら会えないね。ただこれは星が完全な球と言っていいのかわからんが。
いはらがわざわざ『つまり初めのカニ夫とカニ子は出会っていないことになる。』と注意書きを入れたって事は、軌跡は交わっているけど二人がスポットへ同時には行けないってことなのかな。
わからんなぁ。星の大きさが蟹が一生をかけても一周することができないくらい大きすぎるとか?

「つまり初めのカニ夫とカニ子は出会っていないことになる。」
と入れたのは、二人が最初は見えるだけで触れられない状態だったから、「出会っていない」という例として挙げた。
結局は反対側のスポットで触れられたので、彼らは「出会うことのできる蟹」だったわけだが。

>星の大きさが蟹が一生をかけても一周することができないくらい大きすぎるとか?
そんな姑息な答えじゃないw

ヒントは蟹は2匹だけとは限らないってことかな。時間が経つにつれて微妙な答えな気がしてきた笑

岩はなし=障害物なしととらえたけど、他の蟹に邪魔されて出会えないって事か?
でもいくら他の蟹がいてもそいつらにうまく動いてもらえば出会えない?

>他の蟹に邪魔されて出会えないって事か?
そーゆーこと!

どうしても出会えない状況は生まれうるよ。
もちろん星が蟹で埋め尽くされてて身動きとれないってのはナシね。

Re: タイトルなし

> どうしても出会えない状況は生まれうるよ。

あ、わかった!
『4匹以上の蟹が同じ軌跡を持つとき』だね。
でも実際にあったら蟹程度なら上を乗り越えられるなw

正解!!
まあバットを振れるくらいだから他の蟹を持ちあげることもできるかもしれないけどなw
でもそうしたら他人の力を借りれば軌跡を変えることも可能か…ぶつぶつ

さてと…実験してくるか。

Re: タイトルなし

> でもそうしたら他人の力を借りれば軌跡を変えることも可能か…ぶつぶつ

たしかにw

俺はtsutayaに行くか

上の議論を踏まえると、専門家さんの
>まれにお互いに平行でスポットがないもの同士もおる
というのは余計になってしまうんですかね?「大円、かつ平行」な奇跡はそもそも同じものなので。
なんというかこういう思考実験を促すような作品面白いですね。頭使わないバカっぽいものばかり見てるので。。。

おぉ、俺も忘れかけていた過去の作品にコメントありがとう。笑

そこは「2つのスポットの中間点では2本の軌跡は平行になる」ということを説明したかったのだけど、わかりづらくなってしまったな。

泣いた

全俺が感動しました。
というか、ブログのほとんどのエントリを読んでしまいましたヽ(;▽;)ノ

サンクス!最近になってこの作品を読んでくれる友人が増えていて嬉しいわ。過去に葬りたい気持ちもないわけでもなかったが。笑

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://mickipedia.blog113.fc2.com/tb.php/8-e1d12a75

スポンサーリンク
全ての記事一覧

全ての記事が一覧で見やすく見ることが出来ます!

全ての記事を表示する

プロフィール

mic

Author:mic
植田幹也
はい、ミキペディアです
ボルダリング中心ですが、クライミング全般の記事が多いです
mikipediaではないです

メールアドレス
pinedooruedaあっとyahoo.co.jp

リンクフリーです

最新記事
フリーエリア
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

検索フォーム

FC2カウンター

現在の閲覧者数: